安全資産としての活用が目的になる、バンガード・米国短期政府債券ETF

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

リスクが非常に小さくて価格変動も小さい安全資産、バンガード・米国短期政府債券ETF

バンガード・米国短期政府債券ETFは、バークレイズ米国政府債浮動調整(1-3年)インデックスに連動する投資成果を目指しているETFです。運用会社は、ザ・バンガード・グループ・インクです。

バンガード・米国短期政府債券ETF


バンガード・米国短期政府債券ETFを利用すると、米国政府が発行する短期債券に投資する事が出来ます。米国の社債に比べて信用度が高い為に、価格変動リスクも小さいです。その代り、分配金利回りも低い水準になります。分配金を狙うタイプの投資には不向きです。

保有銘柄数は137銘柄と、他の債券ETFに比べて比較的に少ない傾向です。コストは年率で0.12%ですから十分に低コストです。

リスクを取りながら分配金利回りも上げたい場合は、iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)や、バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)などのような米国の幅広い債券に広く分散投資が出来る銘柄を利用すると良いでしょう

(2015年9月30日公開)

 

バンガード・米国短期政府債券ETF(VGSH)の基本情報

バンガード・米国短期政府債券ETFの基本情報を下記に記します。取引に当たっては、証券会社のホームページにて、最新情報を取り寄せてください。

項目 内容 感想コメント
ティッカーコード VGSH -
上場市場

NASDAQ

-
信託期間 無期限(設定日:2009年11月19日) -
ベンチマーク バークレイズ米国政府債浮動調整(1-3年)インデックス -
決算日 毎月分配型 -
売買単位 1株 -
最低購入単価 1株:61.06米ドル(2015/6/2時点) 7,327円相当 ※
信託報酬 年0.12%(税抜) 安いです
月間出来高 122万株 -
ETF純資産総額 572百万米ドル(2014年12月時点) 約686億円
ファンド純資産総額 794百万米ドル(2014年12月時点) 952億円※
※1ドル=120円換算


●組み入れ構成銘柄

バンガード・米国短期政府債券ETFの発行体別構成比率

バンガード・米国短期政府債券ETFに関しての感想と評価

バンガード・米国短期政府債券ETFの投資対象は、残存期間が1~3年と短期の、米国債や政府機関債です。加えて、米国政府が保証する社債や、米国外の発行体による米ドル建て債券にも、投資を行います。つまり、米国の短期国債に広く分散投資が可能という事です。

大きな特徴は、米国の国債に投資するという点でしょう。信頼性が非常に高く、安全資産への投資対象としてお勧めできます。米国の国債で、かつ、短期債ですから価格の変動が非常に緩やかです。

他の米国短期債券と比べると、当ETFのリスクの小ささが良く分かります。米国の社債・国債に投資可能なバンガード・米国短期債券ETF(BSV)や、米国社債のみに投資するバンガード・米国短期社債ETF(VCSH)に比べて最も緩やかな値動きですね。

米国短期社債と、米国短期債券、米国短期政府債券ETFの基準価額の推移の比較
青線:米国短期社債、 赤線:米国短期債、 黒色:当ETF)


なお、米国の国債でも残存期間が長い債券になるほど、価格変動リスクは大きくなります。

米国の中期政府債に投資するバンガード・米国中期政府債券ETF(VGIT)や、米国の長期政府債に投資可能なバンガード・米国長期政府債券ETF(VGLT)と比較すると、長期の債券になる程、基準価額の振れ幅が大きくなりますね。

分配金の利回りとリターン、そしてご自身の取れるリスクと相談しながら投資先を検討しましょう。

バンガード・米国短期政府債券ETFと中期債券、長期債券ETFの基準価額の振れ幅の比較
青線:当ETF(米国短期政府債)、赤線:米国中期政府債、黒線:米国長期政府債)

バンガード・米国短期政府債券ETFで分配金目的の投資は可能か?

バンガード・米国短期政府債券ETFは毎月分配型で、2015年5月1日時点での分配金利回りは0.646%(税引前)となっています。リスクが小さいため、インカムゲインである分配金利回りも低い水準です。分配金狙いの投資対象としては、今一つの利回り水準でしょうね。

バンガード・米国短期政府債券ETFを購入できる証券会社

海外に上場しているETFで、下記のネット証券大手で取引が可能です。

●手数料が最も安い証券会社マネックス証券
●その他、買付可能な証券会社SBI証券楽天証券

海外ETF購入時の売買手数料完全比較ページはコチラ






ETF


ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



海外ETF一覧&ランキング