どちらかというと米国人が利用するのにふさわしい、バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETF

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETFの評価と解説

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETFは、「FTSEオールワールド(除く米国)インデックス」に連動するETFです。運用会社は、ザ・バンガード・グループ・インクです。

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETF


米国を除く全世界(先進国と新興国)の株式に投資を行いたい場合に、バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETFの活用を検討しましょう。

当ETFの特徴は、何と言っても米国を組み込んでいない事です。米国現地の投資家の方は、個人で米国市場の個別株も保有している可能性が大きいので、当ETFの利用価値は大きいのかもしれません。大元のファンドの純資産総額も2兆円を軽く超える規模ですから。凄い需要があるのでしょう。

全世界に丸ごと投資が可能な海外ETFは、基本的に米国が半分程度を占めています。このあたりの保有比率を自分で好きなように調整したい場合に、当ETFと、米国に集中投資する海外ETFを併用しても良いでしょう。

ETFを利用すると、かなりポートフォリオの投資バリエーションが増えるために、やる事があまりない長期分散投資の中で、自分の色を出す一つの投資行動になりますね。

なお、年間に必要になるコストは0.14%ですから、米国を含む全世界の株式に投資可能なバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)に米国ETFを併用するよりも、当ETF+米国ETFの方が、総合的低コストになるかと思います。

(VTの年間コストは0.18%です。コストが高い米国ETFを利用してしまうと逆転する可能性はあります。)


(2015年8月6日更新)

 

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETFの基本情報

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETFの基本情報を下記に記します。取引に当たっては、証券会社のホームページにて、最新情報を取り寄せてください。

項目 内容 感想コメント
ティッカーコード VEU -
上場市場

NYSE Arca

-
通貨 米ドル -
信託期間 無期限(設定日:2007年3月2日) -
ベンチマーク FTSEオールワールド(除く米国)インデックス -
決算日 年4回(3・6・9・12月) -
売買単位 1株 -
最低購入単価 1株:50.51米ドル(2015/5/29時点) 6,061円相当 ※
信託報酬 年0.14%(税抜) -
月間出来高 2,942万株 -
ETF純資産総額 12,273百万米ドル(2014年12月時点) 約1兆4,727億円 ※ 
ファンド純資産総額 22,136百万米ドル(2014年12月時点) 約2兆6,563億円 ※
※1ドル=120円換算


●組み入れ構成銘柄

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETFの上位10銘柄と国別構成比率

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETFの感想

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETFのベンチマークである、「FTSEオールワールド(除く米国)インデックス」は、米国を除く全世界の約50か国の株式銘柄で構成されています。

つまり当ETF1本で、米国を除く全世界の先進国株式市場、新興国株式市場に丸ごと投資が可能という、便利な商品です。

保有銘柄数は2,463銘柄と、非常に多くの地域銘柄に分散投資が可能です。米国が組み込まれていない分、日本の株式の保有比率が約16%で、国別で見るとトップの水準になっています。2000を超える銘柄を保有しているのですが、上位10銘柄が資産全体の10%近くを占めている点には留意が必要です。

米国への投資比率では、米国を含む全世界の株式に投資が可能なバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)や、iシェアーズ MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス・ファンド(ACWI)の中で米国が占める割合は、どちらも50%程度になっています。

米国の保有比率が、この程度で良いとお考えなら、上述の2銘柄が良いでしょう。ですが米国の投資比率を増減させたいと思うのであれば、当ETFと併用する形で、米国株式市場に集中投資が可能なバンガード・S&P500ETF(VOO)に投資して、自分が納得する保有比率を作れば良いかと思います。

なお当ETFの小型株版の、バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF(VSS)の方が、下記のように若干ですがパフォーマンスが良いです。このあたりは、投資家個人個人の考えを元に、ポートフォリオを構築すれば良いでしょう。


バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETFとバンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF
青線:当ETF 赤線:米国を除く全世界の小型株)

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETFで分配金目的の投資は可能か?

本ETFは年に4回の分配で、2015年3月25日時点での分配金利回りが2.79%(税引前)となっています。株式銘柄の中では、若干ですが利回りが良いようです。しかし、基本的にはキャピタルゲインを狙う形でこの銘柄を利用される事をお勧めしますね。

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETFを購入できる証券会社

海外に上場しているETFですから、下記のネット証券大手でのみ取引が可能です。

●手数料が最も安い証券会社マネックス証券
●その他、買付可能な証券会社SBI証券楽天証券

海外ETF購入時の売買手数料完全比較ページはコチラ




ETF


ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



海外ETF一覧&ランキング