サポーター管理人の投資結果①

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

サポーター管理人のETF投資結果

ここでは、当サイトの管理人のサポートをして下さっている、株式投資家(普段は会社員をやっている)さんの、ETFの投資結果について、記述しています。


【サポーター投資家が使用している証券会社&ETF】

・証券口座は、SBI証券です
・ツールは、SBI証券のハイパーSBIを使っています
・銘柄はNEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型(1570)
 (基本は個別株投資なので、ETF投資の結果をたくさん書くことはできないかもしれません)


それではこれ以降は、サポーター管理人氏が書いた文章になりますので、投資の参考にしてみてください。特に、インデックス投資ではない、いわゆる一般的な株式投資をする人にとっては、かなり参考になるかと思います


 

今回のポジショントレード投資の結果(継続中につき途中経過)

私は、スイングトレード、ポジショントレード(暴落を狙った株式投資のような物)など、複数の売買を組み合わせており、それぞれについて今後、成績を公開しますね。ついでに言うと、試しに低位株投資などもやっています。

最近の悩みは、銘柄を絞って緩くトレードをすると、エントリー回数が少なすぎてメンタル面を鍛える事がなかなか出来ないという事です。素振りでいうバットを振る回数が圧倒的に少なく鍛練が進まない・・・これは、今後の課題でもありますねw

8月以降のポジショントレードの投資結果(12月現在も継続中)

一般的な株式投資の代替えとしてのETFに書いてある通り、年末から年始春先まで相場が上昇しやすい特性を利用して、中長期的なトレードも組み合わせています。

下記のように8月の暴落あたりから多めに仕込んで、少しだけ利益確定しながらも、再び暴落したら買い足して、年明けまで引っ張るようなトレードです。

ちなみに5月中旬で仕込めれば良かったのですが、情けない事に買いそびれました。トレンドの転換点の売買は難しいのですよね~(汗)




下記が、その時のエントリーとエグジットの記録です。Lはロングポジション(買い建て)で、売り決済のタイミングがどの辺にあるのかを示したのが下記の図です。数字はエントリーした口数と約定価格です。




基本的に、一直線に相場は上昇しませんから、適度に利益確定をしながら、調整したら買い増して、一部利益確定の流れです。ひふみ投信 の「守りながら増やす」戦略ですね(笑) それぞれの一部売却時の利益率と金額は


・2014/9/19 50口売 利益率+15.9%(+78,002円)
・2014/11/7 30口売 利益率+21.0%(+64,837円)
・2014/11/14 30口売 利益率+28.0%(+86,241円)


↑あまりの上昇スピードに誘惑に負けて利益確定を多めにする(笑)


2014年10月11日時点で、40口(+25.69%)を保有して引っ張っています。丁度、暴落気味ですから、再度買い足すかもしれないです。(あまり欲張ると痛い目に会います)

トレード結果の続き

海外証券会社を解約して国内証券会社に一本化&通算成績(2016年)
米国証券口座でのETF運用成績(2014年度)




バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング