カブドットコム証券でETFを購入したいときの注意点

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

カブドットコム証券でETFを購入する時のメリットや注意点を評価・解説

カブドットコム証券の目玉は、何といっても手数料無料のフリーETFを唯一、ネット証券で提供している事です。銘柄数は厳選された13銘柄のみですが、どれも魅力的な商品ばかりです。

カブドットコム証券


フリーETFを持っているカブドットコム証券は、ある意味で最強の証券会社かと思います。なお海外ETFを取り扱っていませんから、サブの証券会社として利用するのが良いでしょう。

項目 内容
名称 カブドットコム証券株式会社
本社 東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館6F
企業概要 資本金71.96億円 

メガバンクである三菱UFJフィナンシャル・グループの一つ
コメント ・業界初の手数料無料フリーETFを提供
・自動注文である注文方法が多彩。他の証券会社を圧倒
・取引ツールがネット証券No1の品ぞろえ

 
 ⇒カブドットコム証券の口座開設はコチラ

国内現物、および信用取引の手数料

●現物取引売買手数料

カブドットコム証券の現物株取引手数料は、下記のように1本化されています。ですが手数料水準は割高です。様々な割引プランを用意していますが、イマイチですね。

カブドットコム証券の現物取引手数料

⇒参考:1日に1回だけ取引する時の手数料比較・詳細バージョンへ
⇒参考:1日に2回以上取引する時の手数料を比較・詳細バージョンへ


普通に国内ETFを売買するのであれば、手数料が安いSBI証券などを利用するべきですが、次に示すフリーETFだけは別格です


●フリーETFの売買手数料

その名の通り、カブドットコム証券の指定するフリーETF(13銘柄)の売買手数料はフリー、無料です。 通常、取引価格が200万円を超えてくると往復で2000円近い手数料を支払う必要があるので、それらがゼロになるのです。

非常に魅力的な商品で、管理人も自信を持ってお勧めします。なお、フリーETF目当てで、管理人も口座を保有しております。フリーETFの銘柄については、次の項で一覧表にしておりますので、参考にして下さい。


●信用取引の売買手数料

国内株式の信用取引手数料水準は、他社に見劣りする水準です。カブドットコム証券は、やはりフリーETFの活用を、まず第一に考えたいですね。

カブドットコム証券の信用取引手数料


ETFの売買手数料を徹底比較を参照の事

カブドットコム証券を最強にしている、フリーETFの存在

当サイトでは、けっこう至る所で何度もフリーETFについて言及していますが、それくらいフリーETFはインパクトのある商品です。通常、ETFの唯一の弱点は、売買手数料がかかることです。

カブドットコム証券のフリーETF


購入する時に手数料がかかるので、じっと長期保有する事で、手数料無料のノーロード投信信託よりも長期的にはコスト面で有利にする訳ですね。

それが、カブドットコム証券でフリーETFを使う事によって手数料が無料になる訳ですから、利用しない理由が分からないと断言できるくらい凄い事なのです。 長期分散投資の、究極の完成形と断言しても良いですね。

フリーETFは、2014年11月時点で13銘柄です。日本の代表的な株価指数、国内REIT指数、海外債券の指数、海外全体の株式や米国に特化した指数など、長期分散投資に適したETFを揃えているのが非常に好ましいです。取扱い銘柄のさらなる拡充を期待したいですね!


フリーETFの銘柄数は、2014年現在で13種類になります

MAXIS JPX日経インデックス400上場投信  ・MAXIS トピックス・コア30上場投信
・MAXIS 日経225上場投信  ・MAXIS トピックス上場投信MAXIS S&P東海上場投信
・MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信  ・SPDRR S&P500R ETF
・ABF汎アジア債券インデックス・ファンド  ・MAXIS Jリート上場投信
・国際のETF VIX短期先物指数  ・国際のETF VIX中期先物指数
・MAXISトピックスリスクコントロール(5%) ・MAXISトピックスリスクコントロール(10%)


カブドットコム証券・フリーETFの公式サイトはコチラ

まだある、カブドットコム証券のメリット

●注文方法が多彩

2014年時点で、カブドットコム証券はネット証券他社の注文方式を、圧倒的に凌駕しています

投資対象の価格が上昇するたびに、利益確定ラインを自動的に上昇させるトレーリングストップなどは、全ての投資手法に有効に利用できるのではないでしょうか? 管理人は今まで手動でやってましたから、非常に魅力的に映りますね。

カブドットコム証券の自動売買対応状況


●取引向けツールの品ぞろえがNo1

トレーディングツールでる「kabuステーションR」を始め、多彩なツールを用意しているカブドットコム証券。なんと自前で内製化しているとの事。さすが三菱UFJグループの資金力は絶大ですね。

カブドットコム証券のツール群

カブドットコム証券でETFを購入する時の口座開設先

カブドットコム証券は、メガバンクである三菱UFJフィナンシャル・グループの1社であるだけに、他社に無いサービスを多数用意しています。特にフリーETFと多彩な注文方式は確実に我々投資家の利益に貢献すると感じます

外国株式に対応していないために、メインの証券口座では無く、サブの証券会社として戦略的に活用したいと思わせる会社ですね。カブドットコム証券のさらに詳しいメリットのチェックは、カブドットコム証券公式サイトをごご覧下さい。

カブドットコム証券の口座開設はコチラ

ETFを買い付けする証券会社・カテゴリー

証券会社一覧ページ
売買手数料で比較(あなたの売買手法にふさわしい証券会社が見つかります)
トレードツール(ハイパーSBIと楽天マーケットスピード)を比較
様々な金融商品で比較(ETF以外の全金融商品の取り扱いで比較)


バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング