債券で分散投資するには欠かせない銘柄、iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETF

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETF(IGOV)は、どんな銘柄か?

iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETFは、S&Pシティグループ・インターナショナル・トレジャリー・ボンド・インデックス(除く米国)に連動する投資成果を目指しているETFです。運用会社は、ブラックロック・ファンド・アドバイザーズです。

iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETF(IGOV)


米国を除く先進国の国債(現地通貨建て)に、広く分散投資を行いたい場合に、このETFが大活躍する事でしょう。保有債券数は542銘柄ですから、分散的には問題を感じません。毎月分配型の海外ETFですから、インカムゲインを狙って活用すると良いかと思います。

ETFの名称が「世界」となっていますが、実際は先進国のみ(もちろん米国を除く)です。新興国はカバーされていない点には注意しましょう。組み入れ比率のトップが日本(しかも2割)である点も、考慮した方が良いでしょう。知らないうちに日本国債の割合が増えるという事になりかねません。

その他気になる点としては、ベンチマークとの乖離が近年徐々に大きくなっている点でしょうか。今後の運用が非常に気になる所です。

債券を利用して世界に分散投資をしたい場合は、先進国(米国除く)地域は当ETFを利用して、新興国はiシェアーズ J.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券 ETF(EMB)、そして米国に特化したiシェアーズ 米国国債 7-10年 ETF(IEF)を活用すれば実現可能です。

(2015年2月25日公開)

iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETFの基本情報

iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETFの基本情報を下記に記します。取引に当たっては、証券会社のホームページにて、最新情報を取り寄せてください。

項目 内容 感想コメント
ティッカーコード IGOV -
上場市場

NYSE Arca

-
信託期間 無期限(設定日:2009年1月21日) -
ベンチマーク

S&Pシティグループ・インターナショナル・トレジャリー・ボンド・インデックス(除く米国)

-
決算日 年12回 -
売買単位 1株 -
最低購入単価 1株 93.9米ドル(2015/2/17時点) 11,268円相当 ※
信託報酬 年0.35%(税抜) -
月間出来高 143万株 少ないです
純資産総額 485百万ドル(2014年12月時点) 約582億円 ※
※1ドル=120円換算


●組み入れ構成銘柄

iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETF(IGOV)のポートフォリオ

iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETFに関しての感想

iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETFのベンチマークである、「S&Pシティグループ・インターナショナル・トレジャリー・ボンド・インデックス(除く米国)」は、米国以外の先進国が発行する、現地通貨建て国債の債券価格や利回りを表す指標です。

債務残高の高い国債の組み入れ比率を制限している点も、特徴ですね。つまり当ETF一本で、米国を除く先進国地域の国債に広く分散投資が可能になるという事です。

組み込まれている信用格付を見ると、9割強の債券が投資適格債券である上に、信用度が比較的高い債券を中心的に組み入れています。ただし組み入れトップが日本の22%である点には注意が必要です。

iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETF(IGOV)ポートフォリオ中の債券の格付け


債券価格も比較的に安定しているようです。長期的に保有して、分配金をしっかりと受け取る方針で良いかと思います。ただしベンチマークとの乖離が徐々に大きくなっている傾向があるためにインデックス連動という意味では非常に気になります。

iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETF(IGOV)とベンチマークとのかい離状況


ポートフォリオのリスクを下げるという意味では、債券クラスの銘柄は上手に活用したいと思う訳であり、信頼性の高い先進国に分散投資が可能な当ETFを、上手に利用して頂ければと思います。

iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETFで分配金目的の投資は可能か?

本ETFは毎月分配型で、2015年2月9日時点での分配金利回りが1.21%(税引前)となっています。分配回数が年間に12回ですから、分配金利回り狙いの投資としては、ぴったりだと思います。分配金利回りが低い点が難点かと思いますが、投資先の信頼性の高さ等を考慮すると、このような水準になるという事ですね。

iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETFを購入できる証券会社

海外に上場しているETFで、下記のネット証券大手で取引が可能です。

●手数料が最も安い証券会社マネックス証券
●その他、買付可能な証券会社SBI証券楽天証券

海外ETF購入時の売買手数料完全比較ページはコチラ


ETF

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座

海外ETF一覧&ランキング

スポンサードリンク