外貨FXで、堅実にトレードする方法

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

外貨FXで、私が行っているトレード手法をご紹介

ここでは、管理人の妻ではなく、管理人の夫、つまり私の日ごろの投資をお見せしましょう。普段は不動産投資をメインに、確定拠出年金での低コストインデックスファンドの積み立てを行っています。

それ以外に、毎月数万円程度のキャッシュフローを稼げないかと考えて、ほぼ2年間に渡って自分にふさわしい投資ルールを探って、ようやく見出したものが、本ページでご紹介している内容です。

ポイントは、大きく稼ぐのではなくて、月に数万円で十分満足する、と言うところにあります。大きく稼ぐとは、大きなリスクを背負う事を意味します。そうではなくて、金額は小さくても、堅実に収益を上げてゆく方法です。

外貨FXの月間目標利益


ただし、スワップ金利を狙って、高金利通貨をひたすら買いポジションで保有するような真似はしません。そのやり方は、今まで死屍累々の投資家を生み出してきた、悲惨なやり方ですからね。

私がやるのは、月に数回だけ到来する買いや売りのタイミングだけにエントリーして、数日程度で利益確定して相場から離脱する方法です。これならば専業投資家になんてならなくても、普通の主婦でも普通の会社員でも、できると思います。

こんなところで方法教えたら、優位性が失われるのではないか?」と懸念するかもしれませんね。大丈夫です、こんな堅実すぎる手法、だれも真似しませんから・笑。外貨FXの主戦場で戦っている人たちは、もっとガッツリと稼ごうという人たちばかりです。

しかし、彼らと同じ事やっていたら、命がいくらあっても足りません。また命まで取られないとしても、相当に精神にダメージが来ます。メンタルヘルスがやられたら、本業までアウトです・笑。

月に2,3万円稼げれば、それで良いではありませんか。夫の小遣いを、全て出す事が出来ます。夫婦で美味しいものを食べに行く事が出来ます。子供の臨時の出費などにも対応できます。・・・そんな堅実かつ簡単なやり方を、ここでご紹介いたします。

(堅実な手法といえども、FXは投資なのでリスクはあります。それは、しっかりと理解した上で取引してくださいね。)

DMM-FX


なお、取引業者はDMM FXを利用しています。以前はマネーパートナーズを使用していましたが、普段0.5銭のスプレッドが、相場が多少変動するだけで2銭近くまでいとも簡単に跳ね上がって、それだけで大きく損してしまうことが分かりました。

なので今は、ドル円のスプレッドが0.3銭原則固定のDMMFXに変更しました。相場急変時には多少動きますが、マネーパトナーズとは比較にならないほどの快適さです。


DMM FXの口座開設はコチラから可能です
※当サイト経由で口座申込みし、所定条件を満たすとAmazonギフト券1万円プレゼント!



(新規口座開設後、お申込み日から60日以内に初回入金5万円、新規1Lot以上の取引完了でAmazonギフト券1万円プレゼント!)

できれば、事前に読んでいただいたほうが理解が深まる2冊

私が楽しんでいる外貨FXは、逆張りといわれる手法になります。トレンドに乗ってゆくのが順張り、トレンドとは反対方向にエントリーするのが逆張りです。

どちらの方向性がご自身に合っているのか確認することは、非常に大事です。逆張り投資が心地よいと感じる人であれば、私のやり方は普通に取り入れる事が出来るのではないでしょうか?

今回の手法は、「だいぱぱ流・FX戦略的ナンピン投資法」と「マーフィーのスパンモデルFX投資法」を組み合わせて、自分なりにアレンジしたものです。できれば、下記の本をあらかじめ読んでいただいたほうが、理解しやすいかと思います。

私が行っている、外貨FXの逆張り投資法

私が実行するトレードは、実に簡単です。下記、日銀の黒田バズーカ第三弾、マイナス金利発表後からの、ドル円の8時間足です。8時間足のチャートに、「スーパーボリンジャー」のテクニカルを追加して表示しています。

日銀のマイナス金利発表直後には一時121.6円付近まで高値を付けたドル円が、一転して急降下を始めて、A1の地点でピンク色の遅行スパンが、スーパーボリンジャーのマイナス3シグマラインを(水色線)を下に抜けた後、一時、戻るようなそぶりを見せています。

この位置の遅行スパンのローソク足が、A2の地点です。遅行スパンが下落からやや上昇に転じたので、下げ止まったと判断して、A2の114.9円付近でまず最初のエントリーです。

このまま下げ止まりから上昇に転じれば、ローソク足がスーパーボリンジャーのセンターライン(青色)にタッチする付近、116円前後で利益確定できるところです。この場合は、1万通貨のエントリーで、約1万円の利益を確保することになります。

しかし今回は下げ止まらず、さらに急速に円高が進みました。遅行スパンが再び下を向いて下落再開です。次に下落が止まった地点は、B1ところ。ローソク足ではB2の地点になり、112.5円近辺になります。ここで、2回目のエントリーです。

今回も1万通貨入ってもいいですし、二回目の資金投入を多めにして、2万通貨入っても良いでしょう。この後さらに一時的に大きく下落して、110円台を付けて急回復しました。が、急回復後の値段とB2付近の値段がほぼ同値なので、再エントリーは見送りです。

外貨FXの逆張り投資の方法


さて2回に分けて2万通貨、あるいは3万通貨程度エントリーしましたが、イグジット(出口)はどうするか。これはローソク足がセンターラインにタッチしたところにするのが、堅実です。今回はCの地点になりますね。114.3円付近です。ここで、すべてのポジションを手仕舞います。

では今回、2月9日からエントリーし始めて、2月16日にイグジットするまでのちょうど1週間、どの程度の利益を確保できたのでしょうか?

・A地点:114.9円エントリー ⇒ 114.3イグジット(600円程度の損切り)
・B地点:112.5円エントリー ⇒ 114.3イグジット(1万8000円程度の利益)



以上により、トータルで1万7400円程度の利益が出ることになりました。B地点で2万通貨入っていたら、3万5000円以上の利益になります。

この手法は、月に1回エントリータイミングが来るか来ないか、といったようなやり方になりますので、ふだん会社に行ってチャートをなかなか見ることができない人でも、いとも簡単にトレードができてしまいます。

8時間足ですから、8時間に1回、チャートを見れば済みます。見る時間やエントリーする時間など、ものの5分もあれば事足ります。

書いてしまえば実に簡単ですが、このやり方を編み出すまで、管理人、まるまる2年間を費やしました。ここで書きながら、なんだかあまりにアッサリしているので、悔しさすら感じます・笑。

ちなみにこの方法、買いだけではなくて売り(ショート)でやっても全く同一です。実際にDMMFXで過去のチャートを検証していただくと分かりますが、ほとんど負けることが無い、最強のトレード方法だと思います

もっと円高が進んだら怖い、そう思う人もおられるでしょう。しかし上記のような強烈に大きく為替レートが変動することは、年に1回か2回程度です。

こういう時は確かに恐怖ではありますが、それに打ち勝つからこそ(=リスクを取るからこそ)、しっかりしたリターンが得られるのです。(普段はもっとはるかにマイルドな値動きです)

今まで私はこれの検証のために、小額からエントリーをしまして、こちらの姉妹サイトに書いたような少ない利益に甘んじてきましたが、3月以降、FX口座に500万円以上を入金して、本格的にトレードする考えです。

ちなみに、順張りでも勝てるように、現在最終調整中です

上記は逆張りの投資法になりますが、性格によって「私は順張り以外はやりにくい」と感じる人もおられると思います。

そういう人のために、ようやくほぼほぼ負けにくいぞというトレード手法も確立しつつありますので、3月以降、実際に利益を上げ始めたら、ここでご紹介します。

通貨ペアは、ポンド円の12時間足になります。12時間足は、あいにくDMM-FXではチャートを表示できないので(DMMさん、改善願います)、チャート表示だけは、マネーパトナーズにて行います。

当サイトがDMMFXと限定キャンペーン実施! (Amazonギフト券1万円キャンペーン)

実は当サイト、DMMFXを推しています。なぜなら、複数のFX業者を渡り歩いてきて、ここが一番使いやすいから。しかも、手数料に相当するスプレッドが、かなり安い価格で原則固定されています。

注文が滑るようなことも、管理人の感覚ではほとんど経験していません。唯一、既に記したようにチャートで12時間足が表示できないのと、スマホでのチャート表示が見にくいのが玉に瑕でしょうか。

で、個人的に結構気に入ったので、特別にDMMFXさんと提携いたしまして、当サイトから口座開設&取引1回以上で、現金1万円に相当するAmazonギフト券をプレゼントしてもらえるキャンペーンを導入してもらいました!

実際にDMMFXを使って、どのようにその取引をすれば良いのか、下記ページにて詳細に解説しておりますので、不安な方はチェックしてみてくださいね(^^♪


DMMFX Amazonギフト券キャンペーンの参加方法

DMM FXの口座開設はコチラから可能です
※当サイト経由で口座申込みし、所定条件を満たすとAmazonギフト券1万円プレゼント!




バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング