2016年9月の運用成績

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

特に大きな変化はなく、相場の下落に伴って利益も落ちてきた感じ

ここでは、管理人(の妻)の投資記録をご紹介します。2016年はスイングトレードを断念して、以降は配当金・分配金狙いの投資にシフトしています。(テクニカルトレードに関しては、興味あればワタクシ管理人がやっている、月数万円を稼ぐ実に堅実な外貨FX投資法をご覧ください)




【管理人が使用している証券会社】

・証券口座は、SBI証券です(NISA口座にて、分配金を受け取る投資)
・ツールは、SBI証券のHYPER SBIを使っています


 

2016年9月12日時点での、管理人(の妻の)保有の銘柄

現在、保有する銘柄は、以下の5つです。前回のご報告から、1銘柄増えています。これ以上、銘柄が増える事はないと思います。

上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型
上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLOCAL EM国債)
上場インデックスファンド豪州リート(S&PASX200 A-REIT)
上場インデックスファンド海外債券(Citi WGBI)毎月分配型
iシェアーズ米国不動産株ETF(ダウ米不動産)(前回から増えた銘柄)




前回からの変化として、売却を想定に入れていた上場インデックスファンドJリートを、約18%の利益で、半分売却しました。25%以上になったら売ろうと思っていましたが、20%利益が乗った辺りで上昇しなくなったため、もう十分だと思って半分利確しています。

また、NISA枠が3万円ほど残っていたので、これをほぼ埋めるために、iシェアーズ米国不動産株ETF(ダウ米不動産)を適当なところで成り行きで購入したことにより、銘柄が1つ、増えています。

本来は毎月分配か隔月分配のものだけを購入する予定でしたが、別に年4回分配でも似たようなものだと割り切って、買うに至りました。

ETFなどの名称 現在の評価額 含み損益 合計分配金 合計の損益
上場インデックスファンドJリート 18万2700円 +21900円 7778円 +29678円
(上記、売却済み分) - - - +28800円
上場インデックスファンド新興国債券 44万5950円 -15201円 13206円 -1955円
上場インデックスファンド豪州リート 15万5600円 +6300円 1944円 +8244円
上場インデックスファンド海外債券 50万0000円 -57000円 7583円 -49417円
iシェアーズ米国不動産株ETF(ダウ米不動産) 2万5590円 +540円 0円 +540円
合計 131万1920円 -43461円 30511円 +15890円


ところで頂いている分配金、せっかく非課税のNISA口座でETFを買っているにもかかわらず、うちの妻の痛恨のミスで、税金がとられていました・笑。その時の様子は、以下のページで読んでいただくことができます。けっこう笑えますが、意外と同じ過ちをしている人は多いみたいです。

NISA口座なのに分配金に課税されていたアホな妻が激怒


それにしても、相場の上昇が止まって、どちらかというと下落基調に転じると、あっという間に保有する銘柄がマイ転しますね。面白いものです。配当金があると、そのマイナス分を薄められるので、精神的には非常に楽です。

配当金(分配金)を受け取る投資をしていると、必然的に長期投資のスタイルになります。長期になればなるほど、負ける可能性が少なくなると思いますので、本当に楽ちんです。

SBI証券でNISA口座を開くと、売買手数料が無料なのが嬉しい

投資というのは、とにかくコストが大事です。いくらHYPER SBIを見て、そこそこ上手なタイミングで投資できたとしても、売り買いに多大な手数料を取られてしまっては、意味がありません。

しかしSBI証券を利用すると、NISA口座の売買手数料が無料になります。これほど有利な仕組みはないので、徹底的に活用させていただこうと思っています。




加えて、NISAは利益に対する課税が無いので、分配金を貰っても、いっさい非課税で利益を丸々頂くことができます。これはもう、活用しないほうが変です。

興味ある時は、ぜひSBI証券をチェックしてみてください。当サイト経由で口座開設すると、全員に現金2000円がプレゼントされます。




バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング