国内ETF、海外ETFの手数料完全ガイド

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

国内&海外ETFの手数料を一括掲載

ETFは、「現物株と投資信託のいいとこ取り」をしたような商品です。一応投資信託ですから信託報酬がかかります。信託報酬については各ファンドの紹介ページに記載しておりますので、そちらでご確認くださいね。

  投資信託とETFの違い


さて気をつけねばならないのが、現物株同様に、売買した時にかかる「売買手数料」です。国内市場に上場されたETFであれば、通常の現物取引、又は信用取引時のコストになりますが、海外市場に上場されているETFはそれぞれコストが変わってきます。

現在一般に購入できる海外ETFは、米国と香港市場に上場されたものが大半を占めています。(韓国市場、シンガポール市場も存在します。) ここでは、それぞれ国内外の市場に上場されたETFを、いわゆるネット証券で購入する際にかかる手数料として、解説いたします。

国内で上場された国内ETFの現物取引での購入手数料

その1:1つの注文の約定代金に対して手数料が必要になる場合


総合的に手数料が安い、SBI証券の例で解説致します。(ほぼ国内ETFの手数料の最安値です)

約定代金 ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円 ~150万円 ~3000万円
手数料(注1) 150円 199円 293円 525円 628円 994円
手数料率(注2) 0.15% 0.1% 0.059% 0.053% 0.042% 0.003%

(注1) SBI証券のスタンダードプランの手数料水準(税込)になります。
(注2) 最大約定代金時の手数料利率。「~10万円」の場合は10万円ETFを購入したと想定。



その2:1日の約定代金合計額に対して手数料が必要になる場合


こちらも総合的に手数料が安い、SBI証券の例で解説致します。1日に数回の取引をする人向けです。信用取引などをする人も、このプランになりますね。

約定代金 ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円 ~150万円 ~3000万円
手数料(注1) 103円 206円 308円 463円 822円 1254円
手数料率(注2) 0.103% 0.103% 0.103% 0.093% 0.082% 0.063%

(注1) SBI証券のアクティブプランの手数料水準(税込)になります。
(注2) 最大約定代金合計額時の手数料利率。「~10万円」の場合は10万円ETFを購入したと想定。

米国で上場された海外ETFの購入手数料

ここでは、手数料が2番目に安いSBI証券の例で、解説しています。

手数料の種類 手数料 コメント
為替手数料(注1) 1ドルあたり0.25円 ネット証券は0.25円が大半
国内手数料(注2) 税込みで27ドル 証券会社によりかなり異なる
現地証券取引所手数料 0円 他証券ではわずかに手数料がかかる


(注1)ETFを購入する前に、証券口座に入っている日本円をアメリカドルに交換しなくてはなりません。ネット証券では1ドル当たり0.25円の為替手数料がかかります。野村證券などは0.5円です。なおこの手数料は、ETFを売却したのちに、ドルを円に替える際も同様にかかります。

(注2)この手数料が、日本で現物株を売買する際の手数料に相当します。1回の取引(売買)で、上記の金額、日本円で2700円程度(1ドル100円換算)かかります。最も安いのはマネックス証券です。なお、野村證券の場合、1取引あたり2932円(~20万)です。

香港で上場された海外ETFの購入手数料

ここでは、手数料が最も安いSBI証券の例で、解説しています。

手数料の種類 手数料
為替手数料(注1) 1香港ドルあたり0.15円
国内手数料(注2) 約定代金の0.26%(税込み0.2808%)
最低手数料:47香港ドル(税込み50.76香港ドル)
上限手数料:470香港ドル(税込み507.6香港ドル)
現地手数料(注3) 無料


(注1)ETFを購入する前に、証券口座に入っている日本円を香港ドルに交換する手数料です。ほとんどのネット証券で、同様の手数料となっています。

(注2)この手数料が、日本で現物株を売買する際の手数料に相当します。ポイントとなるのは、多くの証券会社で設定している上限手数料と下限手数料です。上限手数料は約定金額が大きい場合に効いてきますし、下限手数料は少額決済の時に気をつけるべきポイントです。単純に手数料率(%)だけで安い証券会社を選ばないよう、ご自身の購入しようとしている金額に見合った証券会社で取引するのがコツです

(注3)通常、ネット証券を利用する分には無料です。非ネット専業証券では0.1~0.2%強の手数料がかかります。

シンガポールで上場された海外ETFの購入手数料

シンガポールに上場したETFを購入できるのは、大手ネット証券では楽天証券のみです。

手数料の種類 手数料
為替手数料(注1) 1シンガポールドルあたり0.83円
国内手数料 約定代金の1.0%(税込み1.08%)
最低手数料:500円(税込み540円)
現地手数料 無料


(注1)ETFを購入する前に、証券口座に入っている日本円をシンガポールドルに交換手数料です。

韓国で上場された海外ETFの購入手数料

韓国に上場したETFを購入できるのは、大手ネット証券ではSBI証券のみです。

手数料の種類 手数料
為替手数料(注1) 1ウォンあたり0.2円
国内手数料 約定代金の0.9%(税込み0.972%)
最低手数料:9000ウォン(税込み9720ウォン)
現地手数料 無料


(注1)ETFを購入する前に、証券口座に入っている日本円を韓国ウォンに交換手数料です。

為替取引も便利になりましたね

なお、海外ETF購入手数料の完全比較・一覧ページも、合わせてご覧ください。

以前は海外ETFを購入する場合、事前に為替取引で現地通貨を用意する必要がありました。ですがSBI証券などでは日本円による「円貨決済」に対応するなど、自動的に為替取引が行われる仕組みも用意されており、大変便利に利用できる時代になっています

⇒次:ETFの配当金・分配金

ETFの基礎知識・コンテンツ



バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング