価格変動が株式並みに大きい、バンガード・超長期米国債ETF

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

バンガード・超長期米国債ETFは、どんな銘柄か?

バンガード・超長期米国債ETFは、バークレイズ米国債STRIPS(20-30年)均等額面インデックスに連動する投資成果を目指しているETFです。運用会社は、ザ・バンガード・グループ・インクです。

バンガード・超長期米国債ETF


バンガード・超長期米国債ETFを利用すると、米国の超長期債券に投資swきます。70銘柄近くの20~30年ものの残存期間がある超長期債券に分散投資が可能な事は、ETFの大きな強みです。コストも年間たったの0.12%ですから、コストメリットも大きいです。

ただし後述しているように、価格変動リスクが非常に大きい点を頭に叩きこんで欲しいと思います。米国政府の債券に投資しているので、感覚的に安心安全のイメージが先行しますが、株式以上の激しい値動きになります。下手をすると、超デカい売買損失を被る可能性があります。個人的には、利用するのが難しいと思う投資対象です。

このような事を考えると、債券の残存期間自体も分散した方が良いと思います。例えば、米国の幅広い債券(残存期間も分散しています)に投資が可能な、iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)や、バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)など、バランスの良い債券を選択するのも戦略として重要ではないでしょうか?

(2015年9月15日公開)

 

バンガード・超長期米国債ETF(EDV)の基本情報

バンガード・超長期米国債ETFの基本情報を下記に記します。取引に当たっては、証券会社のホームページにて、最新情報を取り寄せてください。

項目 内容 感想コメント
ティッカーコード EDV -
上場市場

NYSE Arca

-
信託期間 無期限(設定日:2007年12月6日) -
ベンチマーク バークレイズ米国債STRIPS(20-30年)均等額面インデックス -
決算日 年4回(毎年3・6・9・12月) -
売買単位 1株 -
最低購入単価 1株:118.06米ドル(2015/5/29時点) 14,167円相当 ※
信託報酬 年0.12%(税抜) 安いです
月間出来高 170万株 -
ETF純資産総額 487百万米ドル(2014年12月時点) 約584億円
ファンド純資産総額 1,270百万米ドル(2014年12月時点) 約1,524億円※
※1ドル=120円換算


●組み入れ構成銘柄

バンガード・超長期米国債ETFのポートフォリオ

バンガード・超長期米国債ETFに関しての感想

バンガード・超長期米国債ETFのベンチマーク、「バークレイズ米国債STRIPS(20-30年)均等額面インデックス」は、残存期間が20~30年の長期米国財務省証券ストリップス債市場のパフォーマンスを表す、と言われて中身をご理解できる方がいらっしゃるでしょうか・・・。

管理人、細かい点まで理解が及んでない点は申し訳ないです。が当ETFの構成を見て理解できる点は以下の事です。

・発行体が米国財務省で100%を占めているので、社債等が含まれていない
・債券の残存期間が20~30年で100%保有を占める



政府関連の債券だから、単純に安全性が高いと思うのは早計です。残存期間が超絶に長いために、利回りは非常に良いが、価格変動リスクが非常に大きくなるという事です。

バンガード・超長期米国債ETFとS&P500指数の推移
青線:当ETF 赤線:S&P50株価指数)


上記は米国を代表する株価指数であるS&P500株価指数と基準価額の値動きを比較したチャートです。これを見て頂いて分かる事は、株式の値動き以上に短期間に大きな価格変動が起きているという事。リーマンショック前には50%近い上昇後に、急速に▲50%の下落が起きていますからね。

下手な時期に猛烈に資金を投入したら、キャピタルゲインが大きく発生しそうで怖いですね。高い利回りに心を奪われるのは非常に危険です。債券は残存期間が短くなると利回りは低下しますが、基準価額の変動は緩やかになります。下記をご覧ください。


青線:米国短期債券・BSV、赤線:米国中期債券・BIV、黒線:米国長期債券・BLV、灰色線:超長期米国債・EDV)


上記のように当ETF(EDV)のような、超長期の米国債券の価格変動の超絶な大きさに比べて、短期債券であるバンガード・米国短期債券ETF(BSV)は値動きが無いように見えますね。

このように金融市場の動きによって、債券価格がどのように変動するのかも理解しながら、債券選びをしたいものです。中期、長期債券であるバンガード・米国中期債券ETF(BIV)、バンガード・米国長期債券ETF(BLV)も合わせて参考になさって下さい。

バンガード・超長期米国債ETFで分配金目的の投資は可能か?

バンガード・超長期米国債ETFは年に4回の分配で、2015年3月25日時点での分配金利回りは2.97%(税引前)となっています。短期の債券であるBSVの利回りは1%程度ですから、当ETFの分配金利回りは魅力的に映る事でしょう。

ただし上述しているように、大きな価格変動リスクが内在しています。自分が取れるリスクを考慮した上で、資金を投入するようにすべきですね。

バンガード・超長期米国債ETFを購入できる証券会社

海外に上場しているETFで、下記のネット証券大手で取引が可能です。

●手数料が最も安い証券会社マネックス証券
●その他、買付可能な証券会社SBI証券楽天証券

海外ETF購入時の売買手数料完全比較ページはコチラ






ETF


ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



海外ETF一覧&ランキング