BRICS諸国にだけ投資できる、iシェアーズ BRIC 50 UCITS ETF

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

iシェアーズ BRIC 50 UCITS ETFは、どんな銘柄?

iシェアーズ BRIC 50 UCITS ETFは、FTSE BRIC 50 指数に連動する投資成果を目指しているETFです。運用会社は、ブラックロック・ファンド・アドバイザーズです。

iシェアーズ BRIC 50 UCITS ETFは、BRICs(ブラジル、ロシア、中国、インド)のみに投資可能な、特徴的なETFです。ですが新興国の特定地域への投資、かつ50銘柄という少ない分散状況、さらに高めの信託報酬から考えて、長期分散投資としては、サテライト戦略だとしても採用を躊躇します。

加えて、野村證券でのみの購入となれば、特に購入する価値は無いと言っても良いかと思います。

BRICsのみに集中投資せずとも、バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)のような新興国全体に投資可能な海外ETFや、国内ETFの上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)iシェアーズ エマージング株ETF(MSCIエマージングIMI)を使った、新興国全体への分散投資で十分だと感じますね。

(2015年1月22日公開)

iシェアーズ BRIC 50 UCITS ETFの基本情報

iシェアーズ BRIC 50 UCITS ETFの基本情報を下記に記します。取引に当たっては、証券会社のホームページにて、最新情報を取り寄せてください。

項目 内容 感想コメント
ティッカーコード BRIC -
上場市場

NYSE?Arca

-
信託期間 無期限(設定日:2003年4月7日) -
ベンチマーク FTSE BRIC 50 指数 -
決算日 年2回(4・10月) -
売買単位 1株 -
最低購入単価 1株 24.93ドル円(2015/1/15時点) 2,991円相当 ※
信託報酬 年0.74%(税抜) 海外ETFでは高コスト
月間出来高 4万株 -
純資産総額 393万ドル(2014年12月時点) 約4.7億円と少ない ※
※1ドル=120円換算


●組み入れ構成銘柄

iシェアーズ BRIC 50 UCITS ETFの国別、セクター別の構成比率

iシェアーズ BRIC 50 UCITS ETFに関しての、感想

iシェアーズ BRIC 50 UCITS ETFが連動を目指すFTSE BRIC 50 指数は、ブラジル、ロシア、インド及び中国のH株に上場する、時価総額上位50銘柄から構成されています。 加えて、日本で投資できる、唯一のBRICs向け(純粋にブラジル、ロシア、中国、インドの4カ国に投資できる)海外ETFとなっており、貴重な存在です。

惜しむらくは、野村證券でしか購入できない、という点でしょうか。野村證券では海外ETFをインターネット経由で購入できません。店頭での販売のみとなりますので、面倒です。(おまけに海外ETFの売買手数料などの、コストが高い)

ただし、貴重な存在とはいえ、利用メリットがあるかと言うと、管理人の感覚的にはBRICsへの集中投資は非常に危険だと感じています。つい最近でも、ロシアのルーブル危機が起きるなど不安定要素は盛りだくさんです。

iシェアーズ BRIC 50 UCITS ETFの基準価額の推移


過去5年間の運用成績を見ても、成長しておらず、パッとしません。 どうしてもBRICsに投資したいのであれば、新興国セクター全体まで地域を広げて、投資をした方が良いかと思います。

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)であれば、コストが0.15%と、非常に格安で実現可能です。

iシェアーズ BRIC 50 UCITS ETFで分配金目的の投資は可能か?

本ETFは年2回の分配方針で、分配金利回りは2.5 %(税引前)です。そもそも野村證券でしか購入できない上に、売買手数料も非常に高額になりますから、分配金投資の対象としては有り得ないでしょう。

iシェアーズ BRIC 50 UCITS ETFを購入できる証券会社

海外に上場しているETFですが、大手ネット証券では購入できません。現時点では、野村證券のみから購入が可能です。

海外ETF購入時の売買手数料完全比較ページはコチラ


ETF


ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



海外ETF一覧&ランキング