分配金利回り的には魅力があるが、価格変動リスクも大きいバンガード・米国長期債券ETF

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

価格変動リスクも大きいことを認識しよう!・・・バンガード・米国長期債券ETF

バンガード・米国長期債券ETFは、バークレイズ米国政府/クレジット浮動調整(10年超)インデックスに連動する投資成果を目指しているETFです。運用会社は、ザ・バンガード・グループ・インクです。

バンガード・米国長期債券ETF


このETFの活用で、米国の長期投資適格債券に投資が可能になります。保有銘柄数も約1,900銘柄と、非常に多くの債券に分散しています。ただし残存期間の長い債券を非常に多く保有しているため、基準価額の変動リスクをかなり取っている事を、考慮に入れておくべきでしょう。

米国の債券に投資したいのだけどリスクを極力抑えたいのであれば、短期債券に投資が出来る海外ETFを購入する方が良いかと。リスクを抑えながら、多少は利回りを確保したいのであれば、バランスよく様々な残存期間の債券に分散されているiシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)や、バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)などのご利用する方法もあります。

(2015年9月25日公開)

 

バンガード・米国長期債券ETF(BLV)の基本情報

バンガード・米国長期債券ETFの基本情報を下記に記します。取引に当たっては、証券会社のホームページにて、最新情報を取り寄せてください。

項目 内容 感想コメント
ティッカーコード BLV -
上場市場

NYSE Arca

-
信託期間 無期限(設定日:2007年4月3日) -
ベンチマーク バークレイズ米国政府/クレジット浮動調整(10年超)インデックス -
決算日 毎月分配型 -
売買単位 1株 -
最低購入単価 1株:91.03米ドル(2015/5/29時点) 10,923円相当 ※
信託報酬 年0.12%(税抜) 安いです
月間出来高 255万株 -
ETF純資産総額 1,068百万米ドル(2014年12月時点) 約1,281億円
ファンド純資産総額 8,516百万米ドル(2014年12月時点) 約1兆229億円※
※1ドル=120円換算


●組み入れ構成銘柄

バンガード・米国長期債券ETFの発行体別構成比率などのポートフォリオ

バンガード・米国長期債券ETFに関しての感想や評価

バンガード・米国長期債券ETFは米国債、政府機関債、社債、米国政府が保証する米国外の発行体による米ドル建て債券に投資しています。残存期間は10年超の債券を保有しており、実際に保有している比率を見てみると、10年~20年ものが約2割、20年~30年ものが7割近くを占めています。

個人的には20年超えの債券が非常に多く含まれているため、リスクが高そうだなと感じており、バンガード・超長期米国債ETF(EDV)に特徴がかなり似ていると感じます。投資適格債券に投資していると言っても、投機的債券の1歩手前のBBB格が3割近く占めている構成も、気になるところです。

例えばバンガード・米国短期債券ETF(BSV)のような残存期間が短い債券群と比較してみると、下記のように、基準価額の変動リスクに天と地のような差があります

バンガード・米国長期債券ETFと米国の短期債券ETFとの基準価額の比較
青線:当ETF 赤線:米国の短期債券・BSV)


当ETFよりも、更に長い残存期間の債券が多くを占めている、バンガード・超長期米国債ETF(EDV)と比べてみると、さすがに価格変動リスクが小さくなりますが、債券で基準価額が20%近くも変動するのは大きいと思います。もはや安全資産と呼んで良いのか、少々疑問です。

バンガード・米国長期債券ETFと超長期債券ETFとの基準価額の比較
青線:当ETF、赤線:超長期債券・EDV)

バンガード・米国長期債券ETFで分配金目的の投資は可能か?

バンガード・米国長期債券ETFは毎月分配型のETFで、2015年5月1日時点での分配金利回りは3.61%(税引前)となっています。

非常に魅力的に映りますが、安全資産という認識の高い債券の割に、基準価額の変動が比較的に大きいため、ご自身のリスク許容度と照らし合わせて利用する事をお勧めします。

バンガード・米国長期債券ETFを購入できる証券会社

海外に上場しているETFで、下記のネット証券大手で取引が可能です。

●手数料が最も安い証券会社マネックス証券
●その他、買付可能な証券会社SBI証券楽天証券

海外ETF購入時の売買手数料完全比較ページはコチラ






ETF


ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



海外ETF一覧&ランキング