バンガード・トータル・ワールド・ストックETFは、海外ETFで最強の1本

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFは、凄いETFだ!

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFは、「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」に連動する投資成果を目指している、インデックス運用のETFです。運用会社は、ザ・バンガード・グループ・インクです。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)


このETFの凄さは、0.18%と破格のコストで、全世界(先進国と新興国)の98%をカバーする株式銘柄群に、広く分散投資が出来る点でしょう。これ1本で世界全体に超お手軽に投資する事が可能なのです。ある意味、長期分散投資の究極の株式銘柄の1つと言っても良いかと思います

⇒参考:海外ETF VTとACWIの完全比較

(2015年1月18日更新)

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFの基本情報

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFの基本情報を下記に記します。取引に当たっては、証券会社のホームページにて、最新情報を取り寄せてください。

項目 内容 感想コメント
ティッカーコード VT -
上場市場

NYSE Arca

-
通貨 米ドル -
信託期間 無期限(設定日:2008年6月24日) -
ベンチマーク FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス -
決算日 年4回(3・6・9・12月) 長期投資家にとって4回は多すぎ
売買単位 1株 -
最低購入単価 1株 58.91ドル円(2015/1/14時点) 7,069円相当 ※
信託報酬 年0.18%(税抜) -
月間出来高 643万株 -
純資産総額 3,854万ドル(2014年11月時点) 約4599億円と多い ※
※1ドル=120円換算


●組み入れ構成銘柄

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)の国別構成比率上位10か国と、保有上位10銘柄と純資産総額に占める割合

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFの感想

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFが連動を目指す、「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」は、米国を含む先進国や新興国の、約47か国の約8000銘柄で構成されています。全世界で投資可能な市場価値総額の、98%以上をカバーしており、大型、中型、小型株全てを含んでいる点も注目です

一言で言うと、究極の1本です。このETF1本で全世界の株式銘柄に超お手軽に投資できるという事です。全世界に投資可能なETFは他にもありますが、下記を見るとご理解頂けるように、米国が半分以上を占めています。欧州の割合も大きく、先進国の割合が比較的大きくなっている点が特長です。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)がカバーしている国と、地域別構成比率


リーマンショックの時は、さすがに50%程の損失が発生しましたが、その後の世界全体の経済の発展に伴って株価は上昇を続けています。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)の基準価額の推移


設定来からのパフォーマンスは、年率で5%程度です。コストである信託報酬も非常に安いですから、複数の銘柄を管理する事が煩わしい時は、このETF1本に絞って保有する戦略も有りです

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)の設定来パフォーマンス実績

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFで分配金目的の投資は可能か?

本ETFは、年間に4回の分配方針で、分配金利回りは2.48%(税引前)です。分配金狙いの利回りとしては今一つの水準ですが、キャピタルゲインを狙いつつ、この水準の分配金も獲得できるとなれば、悪くはないのなと感じます。

世界的に株価が暴落した時などに購入できれば、分配金目的としても十分にやっていけそうです。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFを購入できる証券会社

海外に上場しているETFですから、下記のネット証券大手でのみ取引が可能です。

●手数料が最も安い証券会社マネックス証券
●その他、買付可能な証券会社SBI証券楽天証券

海外ETF購入時の売買手数料完全比較ページはコチラ


ETF


ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



海外ETF一覧&ランキング