パワーシェアーズS&P世界先進国ハイクオリティ・ポートフォリオはマニアックすぎて利用しにくい!

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

パワーシェアーズS&P世界先進国ハイクオリティ・ポートフォリオ

パワーシェアーズS&P世界先進国ハイクオリティ・ポートフォリオは、「S&P世界先進国ハイクオリティ・ランキング・インデックス」に連動する投資成果を目指している海外ETFです。運用会社は、インベスコ パワーシェアーズ キャピタル マネジメント LLCです。

パワーシェアーズS&P世界先進国ハイクオリティ・ポートフォリオ(IDHQ)


当ETFを利用すると、米国を除く先進国の中から、収益性が良く高配当金を長く続けている銘柄群に分散投資する事が可能です。ただし、気になる点がてんこ盛りです

まず出来高が非常に少なく海外ETFにしては、純資産総額が低すぎます。配当に着目して銘柄を選んでいる割には、分配金の利回りも魅力的ではありません。さらに日本に2割程度、投資しているために、全体のポートフォリを考えた場合に、比率調整が難しいです。

ダメ押し的には、収益性が良いからと言って、パフォーマンスが素晴らしい訳でもない点。同じく米国を除く先進国全体に投資可能な、iシェアーズ MSCI EAFE ETF(EFA)と比べてみても、大差ない運用成績ですね。正直言って、取扱いに困るなぁと感じる銘柄です。

管理人としては、このような銘柄を使わずとも、非常に安いコストで世界分散投資が可能なバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)や、iシェアーズ MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス・ファンド(ACWI)を活用するだけで十分だと感じます。

上記いずれかの海外ETFに、iシェアーズ MSCI EAFE ETF(EFA)をサテライト的に組み合わせたりする方が、はるかに好ましいポートフォリオを作ることが出来ると思います。

(2015年1月28日更新)

パワーシェアーズS&P世界先進国ハイクオリティ・ポートフォリオの基本情報

パワーシェアーズS&P世界先進国ハイクオリティ・ポートフォリオの基本情報を下記に記します。取引に当たっては、証券会社のホームページにて、最新情報を取り寄せてください。

項目 内容 感想コメント
ティッカーコード IDHQ -
上場市場

NYSE Arca

-
通貨 米ドル -
信託期間 無期限(設定日:2007年6月13日) -
ベンチマーク

S&P世界先進国ハイクオリティ・ランキング・インデックス

-
決算日 年4回(3・6・9・12月) 利回り高し
売買単位 1株 -
最低購入単価 1株 19.49ドル円(2015/1/21時点) 2,285円相当 ※
信託報酬 年0.55%(税抜) やや高め
月間出来高 12万株 少ないです
純資産総額 16百万ドル(2014年12月時点) 19億円とかなり少ない ※
※1ドル=120円換算


●組み入れ構成銘柄

パワーシェアーズS&P世界先進国ハイクオリティ・ポートフォリオ(IDHQ)の上位30銘柄、国別資産配分、セクター別資産配分

パワーシェアーズS&P世界先進国ハイクオリティ・ポートフォリオの感想

当ETFのベンチマークであるS&P・BMI・世界先進国・ハイクオリティ・ランキング指数は、米国を除く世界の先進国の中から、収益や配当金が長期的に高品質と思われる銘柄群で構成されています。日本に2割近く投資していますから、ポートフォリオ全体の配分には注意が必要です。

ただし実際に配当利回りが良いかと言えば、正直低い水準で魅力を感じません。さらに株価のパフォーマンスも気になります。米国(ついでにカナダ)を除く先進国全体に分散投資が可能な、iシェアーズ MSCI EAFE ETF(EFA)と比較してみましょう。

パワーシェアーズS&P世界先進国ハイクオリティ・ポートフォリオと、iシェアーズMSCI EAFE ETFとの基準価額の比較
黄色線:当ETF、 緑線:iシェアーズ MSCI EAFE ETF)


EFAの運用成績よりは良いのですが、非常に素晴らしいと言える程でもないかと思います。EFAのコストの方が0.2%程、安くて、流動性も非常に良いですからね。

そもそも当ETFは出来高が少なすぎて、投資対象に選ぶ事自体、躊躇してしまいます。 正直言って、よく分からないコンセプトの当ETFを選ぶよりは、長期分散投資の王道的な銘柄を利用した方が良いと感じます。

コストも圧倒的に安くて、流動性が高い海外ETFは多数存在しますから、このようなマニアックな銘柄を利用する必要は全くありません。

パワーシェアーズS&P世界先進国ハイクオリティ・ポートフォリオで分配金目的の投資は可能か?

パワーシェアーズ S&P世界先進国ハイクオリティ・ポートフォリオは年4回の分配で、2014年12月19日時点での分配金利回りが1.76 %(税引前)となっています。

高配当の銘柄を選んでいるETFだと思うのですが、分配金の利回りには全く魅力を感じません。分配金狙いの投資には、利用する必要の無い銘柄だと思います。

パワーシェアーズS&P世界先進国ハイクオリティ・ポートフォリオを購入できる証券会社

海外に上場しているETFですから、下記のネット証券大手でのみ取引が可能です。

●手数料が最も安い証券会社マネックス証券
●その他、買付可能な証券会社SBI証券楽天証券

海外ETF購入時の売買手数料完全比較ページはコチラ


ETF


ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



海外ETF一覧&ランキング