ETFとして規模が小さすぎて利用できない、NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信の総合的な評価は?

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信は、「RTS指数(円換算)」に連動した運用成績を目指すETFです。運用会社は、野村アセットマネジメント株式会社です。

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信(証券コード:1324)


本銘柄の大きな特徴は、ロシアの企業群の中から、大型で成長性の高い50銘柄に分散投資をする事が可能な点です。ただし上位10銘柄で全体の7割を占めている上に、石油、ガスなどのセクターが占める割合が5割近くありますから、原油価格などの大きな影響を受ける点は大きなリスクとなります。

加えてコストである信託報酬が、1%近くある点も残念です。円換算であるために日本人のみの取引になると思われ、純資産総額も30億円程度です。コスト、純資産総額の大きさ、流動性を考慮すると、売買コストを支払ってでも海外ETFであるマーケット・ベクトル・ロシアETF(RSX)を利用した方が良いかと。

管理人であれば、特定の国への投資をしようとは思わないので、iシェアーズ エマージング株ETF(MSCIエマージングIMI)(1582)や、上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)(1681)で、新興国全体に分散投資する方が、より無難な投資になると思います。

(2015年4月4日公開)

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信(証券コード:1324)の基本的知識

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信(証券コード:1324)の概要は、次の通りです。

項目 内容 感想コメント
証券コード 1324 -
上場市場 東京証券取引所 -
信託期間 無期限(設定日:平成20年7月25日) -
決算日 年1回(毎年7月8日) -
売買単位 100口 -
最低購入単価 100口 10,000円(2015/3/26時点) -
信託報酬 年0.95%(税抜) ETFにしては高い
信託財産留保額 0.3% -
純資産総額 31億円(2015年2月時点) 少ないほうです


●組み入れ銘柄構成

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信(証券コード:1324)のポートフォリオ

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信、管理人の感想は?

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信の投資先は、ロシアのモスクワ取引所に上場している50銘柄です。流動性がもっとも高い、大型成長株の中から選定しています。RTS指数自体は、ロシアで最も有名な株価指数ですので、ロシアに投資したい場合に、まず当銘柄の採用を検討すれば良いかと思います。

設定来から無分配が続いている銘柄ですから、キャピタルゲインである株価の長期的な傾向が非常に気になる所です。ロシアは新興国の一つですが、株価の変動も非常に大きいです。

ベンチマーク含む過去のパフォーマンスを見ると、リーマンショック以前は非常に好調でしたが、金融危機で8割近い暴落が発生したと思いきや、次の年は2倍を超える上昇、そしてその後は停滞と、予想できないような値動きをします。

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信(証券コード:1324)の年間収益率の推移


実際に当銘柄のチャートを見ても、利益に出来るような出来ないような・・・と、長期投資という意味では取扱いずらいと感じる銘柄ですね。

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信(証券コード:1324)の基準価額の推移


特定の地域に集中する一番の問題は、上昇を期待して、逆に長い間、資金を塩漬けさせてしまう可能性でしょう。

1つの企業の先行きを予測するのも難しいのに、自分がほとんど知らない他国の将来性を片手間で予測するなど、不可能に近いでしょう。

無難に世界に広く分散投資をすると、リスクを下げて、長期的な株価上昇の恩恵を得る事が可能かと思います。

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信の分配金について

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信は設立以来、分配金を出しておりません。配当金・分配金狙いの投資対象としては利用できません。

新興国セクターで高利回りを実現したい場合は、債券型である上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLOCAL EM国債)iシェアーズ 新興国債券ETF(バークレイズLocal EM国債コア)あたりを採用する事になるでしょうね。

NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信を購入できる証券会社

東京証券取引所に上場しているETFですから、下記ネット証券会社をはじめ、国内証券会社すべてで取引が可能です。

手数料が安い証券会社SBI証券ライブスター証券マネックス証券楽天証券
           岡三オンライン証券GMOクリック証券カブドットコム証券松井証券
手数料が高い証券会社野村證券大和証券SMBC日興証券

信用取引手数料はコチラをご覧ください(順位が大きく異なります)




バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング