ETFを購入したい証券会社・証券口座一覧

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

ETFを買うときに、役に立つ証券会社を公開

ETFを購入する場合、一般的な日本の証券会社を利用します。海外ETFについても同様です。(敢えて、外国の証券会社を使わなくても十分です) なお、銀行ではETFを購入できませんので注意してください。

ここでは、ETFを購入できる、代表的な証券会社をご紹介します。表の中の証券会社名をクリックすると、証券会社の詳細解説ページに飛びます。

証券会社名   一言コメント 海外ETF
の取扱い
SBI証券 ここ1社ですべての金融商品が揃う。コストも非常に安い。ただいま現金2000円を無リスクプレゼント中 (当サイト限定)。海外ETFの特定口座対応 非常に多い
カブドットコム証券 唯一、フリーETFが存在するだけでも大いに価値があり。 なし
マネックス証券 海外ETFの特定口座対応。米国ETFならここに決まり。 多い
楽天証券 ほぼ全ての金融商品が揃う。楽天市場をよく利用する人はここが良い。海外ETFの特定口座対応 非常に多い
GMOクリック証券 ライブスター証券に次ぐ、国内売買手数料の安さがポイント。 なし
岡三オンライン証券 比較的、国内売買手数料が安い。 なし
ライブスター証券 国内のネット証券の中で、ここが最も手数料が安いと考えて良し。 なし
松井証券 10万円未満の現物株売買手数料が無料という点のみ、使えます。 なし
SMBC日興証券 信用取引手数料が完全無料になるという点が驚き。短期売買派はここはおススメできる。 わずか
野村證券 あらゆる意味でコストが高く、使う理由が見当たらない。 高すぎて
 買えない
大和証券 同上。 高すぎて
 買えない

売買手数料で比較

長期分散投資をする場合にも、デイトレ・スイングトレードをする場合にも、取引コストというのは猛烈に重要なポイントです。

コストは確実にあなたのリターンを削りますので、コストが高い証券会社は、即取りやめて乗り換えてください

売買手数料で比較(購入価格ごとに最安値の証券会社をチェックできる)

海外ETFの売買手数料で比較

海外ETF(ニューヨークや香港の証券取引所に上場されたETF)を購入する場合、国内ETFよりも取引手数料が高めです。長期的なリターンに影響を及ぼす事になるので、取引コストにより重要視して頂いて、あなたの利益につながる証券会社を選びましょう。

海外ETFの売買手数料を完全比較(購入価格ごとに最安値の証券会社をチェック)

トレードツールで比較

画像
購入したETFを、長期保有するならば気にする必要はありませんが、デイトレ・スイングトレードをやる場合は、トレードツールの能力は極めて重要です。ここでは、短期売買向けツールとしては東西両横綱と言われる、下記2つのツールを比較・検討します。

トレードツールで比較(ハイパーSBIと楽天マーケットスピード)

様々な金融商品の取り扱いで比較

画像
ETF取引をするといっても、ほとんどの人はETF以外の商品でも証券会社を利用する事になると思います。その場合、1社から3、4社程度の証券会社で済ませないと、口座の管理が面倒です

ここでは各証券会社がどのような金融商品を取り扱っていて、その取扱数量はどうなっているのかなど、全体としての使いやすさをチェック。

様々な金融商品の取り扱いの有無・量で比較

ETFを買い付けする証券会社・カテゴリー

証券会社一覧ページ
売買手数料で比較(あなたの売買手法にふさわしい証券会社が見つかります)
トレードツール(ハイパーSBIと楽天マーケットスピード)を比較
様々な金融商品で比較(ETF以外の全金融商品の取り扱いで比較)




バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング