ETFとは何か、初心者でもすぐに分かる

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

ETFとは?初心者の方へ

意外とマイナーな運用商品であるETF、あまりご存じではない方も多いかと思います。英語表記である為に、抵抗感のある方も多いでしょうね。ETFの正式名称が気になりますよね?

   「Exchaged Traded Fund」・・・・・略してETFとなります。

   上場投資信託


日本語に訳すと、「株価指数連動型上場投資信託」です。英語表記に負けず劣らず、超分かりにくいですね(爆)。簡単に言うと、「株価指数」、例えば日本市場で言えば日経平均株価や、TOPIX(トピックス)などの指数に「連動」する「投資信託」が、市場にそのまま「上場」してしまったもの事を言います。

ちなみに日経平均株価って言うのは、ニュースや新聞でよく、「株価が上がりました、下がりました」と連日連呼している、日本の株式の価格を代表する株価の事ですね。

指数に連動しますから、例えば日経平均株価が上昇すればそれにほぼ連動して同じくらい値上がりし、下がれば同じ分だけ下がる投資信託です。

でも投資信託って、今までも有ったよね?」と言う疑問も涌いてくるかと思います。 実はETFと呼ばれる投資信託は、先ほども書いたように、ファンド自体が上場してしまっているのが特徴なのです。上場していますから、いわゆる現物株同様、「上場コード」が付いていて、株と同じように売買できます。

つまり、市場が開いている時間帯にリアルタイムで売買が可能となるのです。


通常、投資信託は市場の終値が基準価額に適用されますが、ETFは好きなタイミングで投資できますから、自分の意思を、よりファンドに投影しやすくなります。(思い切り価格が下落した瞬間に購入する、なんて事が可能になります。)

投資信託はどちらかと言うと緩く売買するのに対して、ETFならば個別株式のようにタイミングを見極めた高度な売買も出来る訳ですね。 それと、ETFの売買は現物株同様、投資家が自分で行います。

したがって、余計な人を介在させる事がない分、非常にコストが安い


という点も、大きな特徴です。通常の投資信託と信託報酬を比較してみると、その違いが一目瞭然です。ETFや投資信託は、基本的に長期保有が前提ですので、信託報酬が一桁安いETFは投資家にとって、大変有利な金融商品なのです。

⇒さらに参考:ETFのメリットも見てみる
⇒さらに参考:ETFのデメリットも見てみる

 

もっとある、ETFを利用すべき点

ここまでは一般的な特徴ですが、少し管理人独自の目線の特徴も付け加えておきます。管理人の肌感覚ですが、ETF投資では大失敗する可能性が低い事も、大きな特徴でしょう。

個別株式に比べて価格変動が緩やかで、倒産の心配をする必要が基本的に無いために、暴落時に心置きなく買い向かう事が可能です。

どんなに不景気とか世界に激震が走っていようが、市況の良い会社を含めて一纏めにしている為に、下落し続けて塩漬け銘柄になる心配が極めて低い点も非常に魅力的です。

つまり個別株に比べて比較的に小さなリスクで、そこそこのリターンを得安いとも言え、初心者でも再現性よく投資できる点が、実は隠れた大きな魅力だと思っています。

⇒次:株式投資との違い

ETFの基礎知識・コンテンツ一覧

ETFとは?
株式との違い
投資信託との違い
ETFの手数料
ETFの配当金・分配金
ETFの税金



バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング