リスクが高い、iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETFは、どんな銘柄か?

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETFは、iBoxx 米ドル建て リキッド・ハイイールド指数に連動する投資成果を目指しているETFです。運用会社は、ブラックロック・ファンド・アドバイザーズです。

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF(HYG)


米国の米ドル建てハイ・イールド債券(別名:投資不適格債券)に分散して投資したい場合に、当ETFが役に立ちます。信用度が非常に低い債券に投資する訳ですが、972銘柄に広く分散投資をします。

毎月分配型の上に分配金利回りが6%近いためなのか、世界的に人気が非常にあります。純資産総額は2兆円を超えており、出来高も非常に大きいです。

ただし、頭に入れておいて欲しいのは、債券と思わない方が良いという事です。

金融危機が発生すると株式銘柄と同等の価格の暴落が発生します。出来高が非常に大きいため、暴落時にも売却は出来るかもしれませんが、塩漬けするようなスタンスであれば非常に危険ですね。長期分散投資には利用しない方が良いかと思います。

危険だ!と思った時に、しっかりと売却できる腕前とメンタルをお持ちであれば、分配金狙いの投資に利用しても良いでしょう。(投資初心者にはお勧め致しません)

債券を使って長期分散投資をしたいのであれば、世界に広く分散する方が良いかと思います。先進国(米国除く)地域に広く分散投資可能なiシェアーズ 世界国債(除く米国)ETF(IGOV)と、米国の債券であるiシェアーズ 米国国債 7-10年 ETF(IEF)などをメインに据えて、お好みで新興国債券に投資可能なiシェアーズ J.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券 ETF(EMB)あたりを利用すれば良いと思います。

(2015年3月3日公開)

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF(HYG)の基本情報

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETFの基本情報を下記に記します。取引に当たっては、証券会社のホームページにて、最新情報を取り寄せてください。

項目 内容 感想コメント
ティッカーコード HYG -
上場市場

NYSE Arca

-
信託期間 無期限(設定日:2007年4月4日) -
ベンチマーク iBoxx 米ドル建て リキッド・ハイイールド指数 -
決算日 年12回 -
売買単位 1株 -
最低購入単価 1株 91.04米ドル(2015/2/17時点) 10,924円相当 ※
信託報酬 年0.5%(税抜) やや高め
月間出来高 14,045万株 多いです
純資産総額 17,004百万ドル(2014年12月時点) 2兆404億円 ※
※1ドル=120円換算


●組み入れ構成銘柄

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETFのポートフォリオ

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETFに関しての感想

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETFが投資している債券は、米ドル建てのハイ・イールド債券です。ハイ・イールド債券は別名、投資不適格債券と呼ばれて、一般的にプロの投資家が利用する類の非常にリスキーな金融商品です。

実際に保有している債券の信用格付を確認してみると、デフォルト状態を表すようなCCC格付以下が10%以上も組み込まれています。投資適格債券は1%弱しか無い、驚くようなリスクを背負う必要がある債券群です。

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETFの投資先債券の格付け


投資に不適格な債券に投資しますから、債券ETFと言ってもリスクが大きいです。このため債券の利回りも大きく、他の債券ETFに比べても利息が5%程度と、高いのが分かります。

ちなみに、リスクが高いという事は、株などのリスク資産のヘッジ先には向いていません。リーマンショックなどで金融市場が動揺すると、当ETFもリスク資産とみなされ、基準価額が株式並に下落しました。

米国の有名な株式指数であるS&P500と比較してみると、ほぼ同じような下落幅になっており、債券と思うと痛い目に会う事は、間違いありません。

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETFとS&P500指数の運用成績比較
青線:当海外ETF 赤線:S&P500株価指数 )


とは言え、利息が5%程度付きますから、キャピタルゲインよりもインカムゲイン収入を重視する方には、選択肢の一つかも知れません。個別の企業の投資不適格社債を購入するのはリスクが大きすぎるので、このようなETFに投資できると言うメリットも、大きいです。

ちなみに信用度が最高峰の米国債券に投資する、iシェアーズ 米国 MBS ETF(MBB)とパフォーマンスを比較すると、価格推移に非常に大きな差異がある事が分かります。頭の片隅に入れておきましょう。

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETFとMBBとの基準価額の推移の比較
青線:当海外ETF 茶色線:MBB )

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETFで分配金目的の投資は可能か?

本ETFは毎月分配型で、2015年2月17日時点での分配金利回りが5.5%(税引前)となっています。毎月分配で分配金利回りが6%近くとなると、多額の資金を投入したくなると思いますが、有事の差異には株式同等の暴落が発生する事を憶えておきましょう。

金融危機が発生した際に、泥船から逃げ出すような事が出来る腕前があるのであれば、分配金狙いの投資対象として利用しても良いかもしれません(が、初心者にはお勧め致しません)

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETFを購入できる証券会社

海外に上場しているETFで、下記のネット証券大手で取引が可能です。

●手数料が最も安い証券会社マネックス証券
●その他、買付可能な証券会社SBI証券楽天証券

海外ETF購入時の売買手数料完全比較ページはコチラ


ETF

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座

海外ETF一覧&ランキング

スポンサードリンク