iシェアーズ ラテンアメリカ40ETF(ILF)

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

iシェアーズ ラテンアメリカ40ETF(ILF)は、どんな銘柄?

iシェアーズ BRIC 50 UCITS ETFは、S&P ラテンアメリカ40 インデックスに連動する投資成果を目指しているETFです。運用会社は、ブラックロック・ファンド・アドバイザーズです。

iシェアーズ ラテンアメリカ40ETF(ILF)


iシェアーズ ラテンアメリカ 40 ETFを利用すると、ラテンアメリカ(中南米)地域の優良大型株への投資が可能になります。ただし40銘柄への投資ですから、分散具合が非常に気になります。その上、投資対象の8割近くがブラジルとメキシコに偏っている点も気になりますね。

そもそもリスクが高い新興国の特定地域への投資は、非常にリスキーだなと感じます。利用するにしても、サテライト的に少額の資金で投資するべきでしょう。

基本的な戦略としては、新興国全体に広く投資する事が可能な、バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)や、iシェアーズ エマージング株ETF(MSCIエマージングIMI)を利用した方が無難ですね。

(2015年2月11日公開)

iシェアーズ ラテンアメリカ40ETF(ILF)の基本情報

iシェアーズ ラテンアメリカ40ETFの基本情報を下記に記します。取引に当たっては、証券会社のホームページにて、最新情報を取り寄せてください。

項目 内容 感想コメント
ティッカーコード ILF -
上場市場

NYSE Arca

-
信託期間 無期限(設定日:2001年10月25日) -
ベンチマーク S&P ラテンアメリカ40 インデックス -
決算日 年2回(6・12月) -
売買単位 1株 -
最低購入単価 1株 30.94ドル円(2015/2/5時点) 3,712円相当 ※
信託報酬 年0.49%(税抜) やや高いかな
月間出来高 1,412万株 -
純資産総額 718百万ドル(2014年12月時点) 約861億円 ※
※1ドル=120円換算


●組み入れ構成銘柄

iシェアーズ ラテンアメリカ40ETF(ILF)の構成ポートフォリオ

iシェアーズ ラテンアメリカ40ETF(ILF)に関しての、感想

ラテンアメリカ諸国の地図iシェアーズ ラテンアメリカ40ETFは、ラテンアメリカ株式市場の主要40銘柄で構成されているETFです。

ラテンアメリカとは、アメリカ大陸の南半球側に位置する国々の事で、中南米と呼ばれる事もある地域です。

投資対象の銘柄は、ラテンアメリカの主要な5つの市場である、ブラジル・チリ・コロンビア・メキシコ・ペルーから、流動性が高い優良企業が選ばれます。

ラテンアメリカ(中南米)の大型株に集中投資出来る、と考えて頂ければ良いでしょう。

ただし実際に投資している銘柄を見てみると、ブラジルとメキシコの2カ国で約8割を占めるという、特殊な海外ETFでもあります。ラテンアメリカというより、ブラジル・メキシコ インデックス・ファンドと呼んでも良いと思います。

約40銘柄と、少数の銘柄しか投資していないので、分散投資としては向いていないと思いますが、逆を言うと集中投資をしている分、リスクとリターンは高くなっています。

資源国のブラジルを中心とした南米への投資をしたい人、または個別にブラジルやメキシコに投資したいけどETF1本で良い、という人などにはこの海外ETFをお勧めします。

iシェアーズ MSCI ブラジル・キャップト ETF(EWZ)の信託報酬が0.61%、iシェアーズ MSCI メキシコ・キャップト ETF(EWW)の信託報酬が0.5%、それに対してiシェアーズ ラテンアメリカ 40 ETFの信託報酬が0.49%と安いのも魅力です。

もしもラテンアメリカへの集中投資はいかがなものかなと思うのであれば、新興国全体に投資可能な海外ETFを採用するのが王道でしょう。その場合は、バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)や、iシェアーズ エマージング株ETF(MSCIエマージングIMI)を検討なれると良いかと思います。

これらの海外ETFは、ブラジル、メキシコの割合が1割強ですが、広く地域の分散が効いている点が特長です。VWOは年間コストが0.15%と非常低コストな点も魅力の一つとなります。

iシェアーズ ラテンアメリカ40ETF(ILF)とVWOの基準価額の推移の比較
黄線:当ETF 緑線:新興国全体に投資可能なVWO)

iシェアーズ ラテンアメリカ40ETFで分配金目的の投資は可能か?

iシェアーズ ラテンアメリカ40ETFは年2回の分配方針で、2014年12月19日時点での分配金利回りは2.37 %(税引前)となっています。

分配金利回り狙いの投資対象としては役不足ですが、そもそも多額の資金を投入するような銘柄でもないです。長期分散投資の一環で、サテライト的に少額の資金を投入する方針が良いかと思います。

iシェアーズ ラテンアメリカ40ETFを購入できる証券会社

海外に上場しているETFですから、下記のネット証券大手でのみ取引が可能です。

●手数料が最も安い証券会社マネックス証券
●その他、買付可能な証券会社SBI証券楽天証券

海外ETF購入時の売買手数料完全比較ページはコチラ


ETF

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座

海外ETF一覧&ランキング

スポンサードリンク