近年、業績向上著しいiシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETF

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

iシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETF(EWW)は、どんな銘柄か?

iシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETFは、MSCIメキシコ IMI 25/50インデックスに連動する投資成果を目指しているETFです。運用会社は、ブラックロック・ファンド・アドバイザーズです。

iシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETF(EWW)


メキシコの株式市場全体に簡単に投資したい場合に、当ETFが活躍します。非常に便利に利用できるのですが、注意点があります。まず保有銘柄数が59銘柄と、分散の観点から少々不安になります。加えて1社で18%近くを占める為に、個別企業の業績の影響を強く受けそうです。

海外ETFとしてのコストは、新興国銘柄によく見られる水準ですが、出来高は非常に大きい方ですね。純資産総額も、日本円換算で2500億円近くもあります。リーマンショック以降も株価のパフォーマンスは良好ですから、今後も成長にも期待が持てます。

とは言え相場の世界は、「一寸先は闇」ですので、サテライト的な利用に留める事をお勧めします。基本戦略としては先進国、新興国全体に分散投資を行うバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)や、iシェアーズ MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス・ファンド(ACWI)と併用して、ポートフォリに占める、メキシコの比重を上げる目的で活用するのがベストでしょう。

(2015年2月18日公開)

iシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETF(EWW)の基本情報

iシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETFの基本情報を下記に記します。取引に当たっては、証券会社のホームページにて、最新情報を取り寄せてください。

項目 内容 感想コメント
ティッカーコード EWW -
上場市場

NYSE?Arca

-
信託期間 無期限(設定日:1996年3月12日) -
ベンチマーク

MSCIメキシコ IMI 25/50インデックス

-
決算日 年2回(6・12月) -
売買単位 1株 -
最低購入単価 1株 58.77ドル円(2015/2/10時点) 7,052円相当 ※
信託報酬 年0.5%(税抜) -
月間出来高 7,233万株 -
純資産総額 2,079百万ドル(2014年12月時点) 約2,494億円 ※
※1ドル=120円換算


●組み入れ構成銘柄

iシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETF(EWW)のポートフォリオ

iシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETF(EWW)に関しての、感想

iシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETFのベンチマークである、「MSCIメキシコ IMI 25/50 インデックス」は、メキシコの株式市場のパフォーマンスを表す株価指数です。

銘柄構成の特徴としては、採用される各銘柄の全体に占める割合の上限が、最大で25%に制限されている事です。更に構成比率が5%を超える銘柄の合計も、最大で50%に設定されています。

実際に上位の銘柄を見てみると、最も比率が高い銘柄は約18%近くありますね。個人的には、そもそも一つの銘柄で2割近く占めるのは分散として如何なものかなと感じます。

(当ETFのベンチマークは、2013年2月11日時点でMSCIメキシコ・インべスタブル・マーケット・インデックスからMSCIメキシコIMI 25/50 インデックスに変更になりました。)

さて中南米に位置するメキシコは、新興国でありながら経済大国でもあります。カリブ海沿岸には油田が多くあり、原油を多くの海外に、輸出しています。また工業製品の製造も盛んで、自動車や電気・電子機器など、海外の有名なメーカーが拠点を置いています。

人口は1億人を超え、工業大国として自動車の輸出でトップとなっています。また電化製品の、薄型TVの競争力が強い点もあげられます。

メキシコのGDPは2013年で世界15位ですが、メキシコは貧富の差が激しく、一部の富裕層が富の大部分を掌握している状況です。これが少しでも改善すれば、先進国になれるのではと思います。

過去の通貨危機や近年の世界同時株安などの影響で景気後退があっても、長期化したことはなく、リーマンショック後の次の年ではプラス成長となっています。

実際に新興国全体のパフォーマンスを表すバンガード・エマージング・マーケットETF(VWO)と比較してみても、リーマンショックの回復&成長は非常に目を見張る状況ですね。

iシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETF(EWW)とVWOの基準価額の推移の比較
青線:当ETF  赤線:新興国に広く分散投資する海外ETF・VWO)


なお、メキシコ経済は対アメリカでの依存度がとても高く、アメリカの景気にとても左右されることは、注意点として覚えておいた方がいいでしょう。

iシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETFで分配金目的の投資は可能か?

iシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETFは年に2回の分配方針で、2014年12月17日時点での分配金利回りが1.24 %(税引前)となっています。分配金狙いの投資としては、満足できない水準です。長期的な株価の成長によってキャピタルゲインを狙うような、長期分散投資で利用すると良いでしょう。

iシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETF(EWW)を購入できる証券会社

海外に上場しているETFですから、下記のネット証券大手でのみ取引が可能です。

●手数料が最も安い証券会社マネックス証券
●その他、買付可能な証券会社SBI証券楽天証券

海外ETF購入時の売買手数料完全比較ページはコチラ


ETF


ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



海外ETF一覧&ランキング