成長著しいマレーシア全体に投資できる、iシェアーズMSCIマレーシアETF

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

iシェアーズMSCIマレーシアETF(EWM)は、どんな銘柄か?

iシェアーズMSCIマレーシアETFは、MSCIマレーシア・インデックスに連動する投資成果を目指しているETFです。運用会社は、ブラックロック・ファンド・アドバイザーズです。

iシェアーズMSCIマレーシアETF(EWM)


当ETFの一番の特徴は、マレーシア株式市場の時価総額85%をカバーできるという点でしょう。ほぼ、マレーシア市場全体に投資していると考えても良い規模ですね。ただし保有している銘柄数が44銘柄と非常に少なく、分散投資の視点から多額の資金を投じる訳にはいきません。

純資産総額の割に、なぜか出来高が大きいです。通常、この程度の資産額の場合は、一桁ほどは出来高が少ないのですが、意外です。

更に大きな特徴として、分配金の利回りも高いです。記事執筆時点では、リーマンショック前の価格を超えているのですが、4%近い利回りには驚きです。仮に分配金狙いで活用するのであれば、大きく暴落した時に仕込みたいと感じます。

さて長期分散投資での活用を考えた場合、やはり新興国地域の特定の国への集中投資はリスクを非常に高める事になります。基本的には、ご自身のポートフォリオ中の、マレーシアが占める割合を高めるような時に活用するべきでしょう。

例えば先進国、新興国全体に分散投資を行うバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)や、iシェアーズ MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス・ファンド(ACWI)と併用するのがベストです。

もう少し細かい銘柄を多数活用してカスタマイズしたいのであれば、新興国に分散投資をするiシェアーズMSCIエマージングマーケットインデックスファンド(EEM)との併用でも良いかと思います。ぜひご自身にあう銘柄選定をご検討頂ければと思います。

(2015年2月18日公開)

iシェアーズMSCIマレーシアETF(EWM)の基本情報

iシェアーズMSCIマレーシアETFの基本情報を下記に記します。取引に当たっては、証券会社のホームページにて、最新情報を取り寄せてください。

項目 内容 感想コメント
ティッカーコード EWM -
上場市場

NYSE?Arca

-
信託期間 無期限(設定日:1996年3月12日) -
ベンチマーク

MSCIマレーシア・インデックス

-
決算日 年2回(6・12月) -
売買単位 1株 -
最低購入単価 1株 13.6ドル円(2015/2/10時点) 1,632円相当 ※
信託報酬 年0.51%(税抜) -
月間出来高 4,393万株 -
純資産総額 472百万ドル(2014年12月時点) 約566億円 ※
※1ドル=120円換算


●組み入れ構成銘柄

iシェアーズMSCIマレーシアETF(EWM)のポートフォリオ

iシェアーズMSCIマレーシアETF(EWM)に関しての、感想

iシェアーズMSCIマレーシアETFのベンチマークである「MSCI マレーシア・インデックス」は、マレーシア市場全体の時価総額の85%をカバーする株価指数です。インデックスの見直しは四半期毎ですね。つまり当ETFに資金を投入するだけで、マレーシア市場全体に投資したようなものなのです。便利な時代になりました。

マレーシアは製造業、農林業及び鉱業の産業発展とともに、原油や天然ガスの主要な輸出国でもあります。観光業、製造業、農林業、鉱業などさまざまな分野で発展しており、シンガポールやインドネシアなど隣国の影響で、天然資源と観光産業によって国はとても豊かになってきています。

また日本の企業もマレーシアに進出しており、インフラ整備も進み物価も安定しています。マレーシアは2020年までに先進国の仲間入りをしようという、国家の目標を掲げています。

マレーシア経済では、金融が3割を占めるほどイスラム金融が発達しています。さらにマレーシアはアメリカから発したリーマンショック後も、アジアや内需のおかげで経済が回復傾向にあります。

新興国全体に分散投資を行うバンガード・エマージング・マーケットETF(VWO)とパフォーマンスを比較してみると、リーマンショック後の回復&成長度合いが良い傾向を示していますね。

iシェアーズMSCIマレーシアETF(EWM)とVWOの基準価額の推移の比較
青線:当ETF  赤線:新興国に広く分散投資する海外ETF・VWO)


まだまだ経済としては先進国に比べて小さいマレーシアですが、これからも年5%程度の成長が見込まれるのではないと思います。そうなれば2020年の目標に近づくわけで、さらなる期待ができるのではないでしょうか。

iシェアーズMSCIマレーシアETFで分配金目的の投資は可能か?

iシェアーズMSCIマレーシアETFは年に2回の分配方針で、2014年12月17日時点での分配金利回りが3.68 %(税引前)となっています。現在の価格水準から考えても、分配金利回りは高いと思います。

キャピタルゲイン、インカムゲインの両方をしっかりと狙える銘柄として考えても、良いかもしれないですね。ただし長期分散投資に利用するのであれば、あくまでも新興国の一つとして考えてリスクを下げる意味で少額の資金で留めるべきですね。

iシェアーズMSCIマレーシアETF(EWM)を購入できる証券会社

海外に上場しているETFですから、下記のネット証券大手でのみ取引が可能です。

●手数料が最も安い証券会社マネックス証券
●その他、買付可能な証券会社SBI証券楽天証券

海外ETF購入時の売買手数料完全比較ページはコチラ


ETF


ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



海外ETF一覧&ランキング