安全資産としての、iシェアーズ 米国 MBS ETF

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

iシェアーズ 米国 MBS ETF(MBB)は、どんな銘柄か?

iシェアーズ 米国 MBS ETFは、バークレイズ米国MBSインデックスに連動する投資成果を目指しているETFです。運用会社は、ブラックロック・ファンド・アドバイザーズです。

iシェアーズ 米国 MBS ETF(MBB)


米国政府が発行・保証する、「投資適格モーゲージ・パススルー証券」に広く分散投資したい場合は、当ETFの利用をお勧めします。551銘柄もの債券に広く分散する上に、信用格付が最高ランクのトリプルAで占められる点も、非常に大きな魅力の一つです。

毎月分配型である為に、リスクを抑えて分配金が欲しい投資家の人気も高く、純資産総額は8000億円を超えている状況です。

加えて、大きな金融危機などの有事にも強みを発揮する点を、忘れてはいけません。リーマンショックのような株価が暴落する時期に基準価額が値上がりする、非常に安定感のある金融商品でもあります。

安定感が高いために、リターンはそれなりの水準ではありますが、ポートフォリオのリスクを下げるために、ぜひ採用の検討をしたいとおもえる銘柄ですね。

例えば先進国全体に分散投資をするために、iシェアーズ 世界国債(除く米国)ETF(IGOV)と と合わせて利用なさると良いかと思います。

(2015年2月25日公開)

iシェアーズ 米国 MBS ETF(MBB)の基本情報

iシェアーズ 米国 MBS ETFの基本情報を下記に記します。取引に当たっては、証券会社のホームページにて、最新情報を取り寄せてください。

項目 内容 感想コメント
ティッカーコード MBB -
上場市場

NYSE Arca

-
信託期間 無期限(設定日:2007年3月13日) -
ベンチマーク バークレイズ米国MBSインデックス -
決算日 年12回 -
売買単位 1株 -
最低購入単価 1株 109.46米ドル(2015/2/17時点) 13,135円相当 ※
信託報酬 年0.27%(税抜) -
月間出来高 1,408万株 -
純資産総額 6,844百万ドル(2014年12月時点) 約8,212億円 ※
※1ドル=120円換算


●組み入れ構成銘柄

iシェアーズ 米国 MBS ETF(MBB)のポートフォリオ

iシェアーズ 米国 MBS ETFに関しての感想

iシェアーズ 米国 MBS ETFを利用すると、米国政府機関が発行・保証する、「投資適格モーゲージ・パススルー証券」に広く分散して投資する事が可能です。


※モーゲージ債(MBS: Mortgage Backed Securities)とは、
住宅ローンを担保として発行された証券の事を示します。
参考情報:野村證券(https://www.nomura.co.jp/terms/japan/mo/mortgage.html

※パススルー証券とは、同様の種類の債券を複数集めて、まとめて証券化したもの
参考情報:野村證券(https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ha/pass-through.html


なんと言っても、投資先である債券の信頼性が最高ランクのトリプルAで構成されており、債券としては最高水準の安全性を誇る事になります。

iシェアーズ 米国 MBS ETF(MBB)のレーティング情報


残存期間(債券が償還されるまでの期間)が1年未満が3割、逆に25年以上の債券が4割と極端な構成になっています。両極端の残存期間の銘柄が多数組み込まれているために、平均残存期間は6年程度と比較的小さく見えるようです。

気になるのはベンチマークとの連動性で、設立当初は良かったのですが、近年は徐々に乖離幅が大きくなっています。今後の動向が気になります。

iシェアーズ 米国 MBS ETF(MBB)とベンチマークとのかい離状況


さて、投資適格債券の中では最も安全性の高いクラスに属するため、サブプライムローン問題などでリスク資産の株式が動揺すると、リスク逃避先として当ETFの価格が上昇します。

基準価額の推移を見ても、サブプライムローン問題発生の07年夏場以降、価格が上昇しているのが分かります。逆に米国の代表的な株価指数であるS&P500株価指数は大幅に下落していますね。

iシェアーズ 米国 MBS ETF(MBB)とS&P500指数の値動きの相関関係
青線:当海外ETF 赤線:S&P500株価指数 )


債券タイプの金融商品のリターンは少ないですが、ポートフォリオ全体のリスクを下げる役割を担う訳ですから、しっかりと組み入れたいと思いますね。

iシェアーズ 米国 MBS ETFで分配金目的の投資は可能か?

本ETFは毎月分配型で、2015年2月17日時点での分配金利回りが1.66%(税引前)となっています。分配金の利回りは低いのですが、リーマンショックのような大きな金融危機が発生したとしても、価格変動が非常に小さい点が心強いですね。

利回りとリスクはトレードオフの関係ですから、可能な限りリスクを減らしたい場合は、当ETFも検討に値する銘柄かと思います。

iシェアーズ 米国 MBS ETF(MBB)を購入できる証券会社

海外に上場しているETFで、下記のネット証券大手で取引が可能です。

●手数料が最も安い証券会社マネックス証券
●その他、買付可能な証券会社SBI証券楽天証券

海外ETF購入時の売買手数料完全比較ページはコチラ


ETF


ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



海外ETF一覧&ランキング