アメリカの証券会社の口座を開いても、良い事なんて無い体験談

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

アメリカの証券会社に口座開設しても、手間ばっかりかかる体験談

当サイトのサポーター管理人は、投資が大好き、トレードが大好きです。実は以前から、海外の証券会社を使って株取引をする事に非常に興味があり、たまたま仕事の都合でアメリカに駐在する可能性があったため、思い切ってアメリカの証券会社の口座を作って、取引を行ってみました。

  アメリカの証券会社


アメリカの証券口座を実際に利用した感想ですが、売買手数料は確かに安くて「お得感」はあります。ですが、「それ以外の管理、手間暇に時間を取られ超面倒だ・怒」という結論に至っている次第です・汗。

トータルコストで考えると、アメリカの証券口座を利用するメリットがあるのだろうか・・・。正直言って国内の証券会社(SBI証券楽天証券マネックス証券 )を利用すれば良かったと後悔しているのですが、資金を日本に戻すのも一苦労なので、一部の資産運用を継続しています。

現在では管理人の主要な証券会社は、国内証券会社に特化しています。特に確定申告の手間暇を考えると、海外口座の特定口座に対応しているマネックス証券が一押しである事は間違いないでしょう

本コンテンツでは、アメリカの証券口座を作って資金を投入したが為に、苦労している管理人の体験談を参考にして頂ければと思います。


利用している証券会社は、米国の「FIRSTRADE」

当サイト・サポーター管理人が利用している米国の証券会社は「FIRSTRADE」です。当然ながら日本語表記がありませんから、根性で英語を読解する必要があります。ちなみに中国語は選択できるようですから、中国の勢いを感じますね。サンフランシスコの市長は中国人ですからね~。いや~凄い。

FIRSTRADEの口座開設


ところで、アメリカの証券口座を利用するメリットは、下記の2点だと思います。ただ、よほどマニアックな投資家以外、口座開設なんてしないでしょうね・・・。

口座開設の理由その①:売買コストが国内証券会社に比べて、圧倒的に安い

正直、今現在はアメリカの証券会社の利用をお勧めしませんが、売買手数料は非常に安いです。FIRSTRADEの売買手数料は、1売買あたり6.95米ドルです。国内で最安値のマネックス証券が最大で20米ドルですから非常に魅力的です。

FIRSTRADEの売買手数料


米国内の他の証券会社と比較しても、圧倒的な安さです(だから開設したんですけどね・汗)。加えて、初期投入資金が不要という点も、魅力です。米国の金融機関は、ある程度の資金を預けないと、逆に手数料が発生しますから、不便なものです。

FIRSTRADEと他のアメリカの証券会社の手数料比較

口座開設の理由その①:国内では買えない、超多くの海外ETFを購入できる

下記の情報を確認すると、2011年の段階で1300銘柄近くのETFが存在します。楽天証券で購入できるアメリカのETFは172銘柄ですから、もの凄いメリットを感じます。

FIRSTRADEのETF取扱い本数


とまあ、売買手数料が超安くて、銘柄が選び放題という安易な理由で、FIRSTRADEの証券口座を開設した訳です。さて次に、想像以上の、多数のデメリットも、お話しましょう。。。

想像以上!・・・アメリカの証券会社のデメリットはこれだ!!

デメリットその①:アメリカの証券口座に資金を送金するだけでも超一苦労

実は海外に資金を送金するのって、非常に面倒で、多額の手数料が取られるのです。

これって、実際に使ってみないと分からない感覚ですよね。例えば三菱東京UFJ銀行で海外に送金すると、下記のように片道4000円近くも必要になります。

三菱東京UFJ銀行の、アメリカ送金手数料


さらに、下記のような書類に、送付先の銀行や証券会社の口座情報を書き込む必要があって、必要な情報(色々あります)を調べるだけでも一苦労なのです。

海外送金のための必要書類


もちろん管理人は、三菱東京UFJ銀行を利用しました。なぜなら手続が非常に面倒かつ難解で、質問しまくる必要があったから、背に腹は代えられなかったのです。

デメリットその②:送金したのは良いが、・・・どうやって日本に資金を戻そうか

米国に資金を送金するのは、日本語が通じる日本の銀行ですから、英語が苦手でも根性と手間暇かければ何とかなります。

ですが、米国から日本に資金を戻す時はどうしよう・・・ 。英語が堪能ではない管理人が出した結論は、米国にある三菱UFJ銀行系列の、日本語が使える銀行を経由するという荒業です・笑 。

実は、三菱UFJ銀行経由で口座を開設する事ができる、アメリカの銀行があります。その名もUnionBank。一番のメリットは、コールセンターで日本語が通じるという点です。英語が苦手な管理人にしてみると、神のような米国銀行なのです。

UnionBank


アメリカには、証券会社と銀行間で、電子送金が無料で利用できるシステムがあります。このあたりの設定(もちろん英語で手続きですから一苦労)さえ出来れば、安心です。

日本からUnionBankを経由して、FIRSTRADEに資金を送金。その逆もしかり。何か問題があれば、日本語が通じる安心オペレーターに相談できるって手筈です・笑。

ちなみに、UnionBankは数十万円程資金を預けないと手数料が取れるので、管理人は一応資金を預けています。実はこの資金も大きなロスですね・汗 。

デメリットその③:「FIRSTRADE」でログインを数回間違えて、アクセスが出来なくなった件

これも海外の証券口座を利用する上で、あり得るシチュエーションです。過去に管理人、FIRSTRADEにログインする際に、パスワードを数回誤って入力してしまい、アカウントがロックされてしまった経験があります。こんなメッセージが出た日には、腰が抜けました・笑 。


"This User ID has been disabled due to too many failed login attempts."
(沢山ログインに失敗したから、アクセスできないようになったよ)


金融大国のアメリカは、セキュリティーの面が非常に厳しいのです(安心はできますが・・・)。このロックを解除するのに、つたない英語でカスタマーサービスにメールを数回出したところ、最終的に下記のような返信を受け取った次第です。


パスワードロックの対処


つまり、英語しか通じないコールセンターに直接電話しないと対応できんから、電話しろ!!

って事です。いや~ 相当な壊れた英語だったと思うのですが、勢いと情熱を持ってコミュニケーションを取る努力をした結果、無事に対処して頂きました。

ジェスチャーや絵が使えずに、音声だけでログインのロックを解除したい旨を説明するのは、非常に難儀でしたね。かなり心臓がドキドキでした・笑

デメリットその④:引っ越して住所が変わるたびに、米国に資料を郵送する手間暇が超めんどい件

これも日本であれば、そう手間暇に感じないと思うのですが、引っ越して住所が変わった事を書面でアメリカに郵送するのも、正直一苦労です。米国に資料を送った事がない庶民からすると、忘れた頃に郵送する手間暇って相当難儀します。

そもそも普通に日本で生活していると、アメリカに郵便物を送る機会って皆無ですからね。一度、経験してしまえば何てこと無いのですが、色々と調べて、手間暇が非常にかかる訳です。

結論:高い売買手数料を支払ってでも、日本の証券会社を利用した方が良い

結論として、アメリカの証券口座を利用するのは、その他の手数料や、自分自身の時間を非常に取られてしまう点が超デメリットです。正直、ソワソワします・笑 。

海外の株式やETFを積極的にトレードするならば、アメリカの証券口座開設のメリットが出てきますが、長期分散投資のような運用だと、国内の証券会社でも良いのではと思うのが管理人の正直な感想です。

ちなみに管理人、資金を日本に送金するのが面倒ですから、今後も米国証券会社を使い続けます。でも決して、皆さんにはお勧めしないチャレンジですね・汗。

⇒もっとあるデメリット:海外の証券会社の確定申告が超シンドイ体験談




バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング