海外REIT投資の有力な選択肢、iシェアーズ米国リートETF

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

iシェアーズ米国リートETF・・・手軽に米国リートに投資できる貴重なETF

iシェアーズ米国リートETFは、は、FTSE NAREIT Equity REITs インデックス(TTM 円建て)をベンチマークとする国内ETFです。運用会社は、ブラックロック・ジャパン株式会社です。

iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF-JDR(ダウ・ジョーンズ米国不動産)が上場廃止になったのに伴い、その代替えとして設定されています。

iシェアーズ 米国リートETF


国内の取引所で、米国の不動産に投資できる貴重なETFです。米国の不動産に投資したい場合は、海外ETFのiシェアーズ米国不動産ETF(IYR)を利用しなくてはならず、それが普通の人にとっては面倒だったのに対し、本ETFを使えば国内市場で手軽に米国不動産に投資できます。

しかも、コストが0.2%とかなり安いです。1口1000円程度から投資できるので、コツコツと少額の積み立てするような感覚での投資にも最適だと思います。

ただ、運用が始まったばかりなので純資産総額が7億円と少額なのが気になりますが、今後の資金の集まりに具合に期待したいですね。年4回の分配方針ですし、投資対象が不動産ですので、分配金狙いの投資として、活用できるものになっています。

なお、当サイト管理人も、従来のiシェアーズ 米国リート・不動産株ETF-JDR(ダウ・ジョーンズ米国不動産)から、iシェアーズ米国リートETFの利用にシフトしています。

(2018年2月23日公開)


 

iシェアーズ米国リートETF(証券コード:1659)の基本的知識

iシェアーズ米国リートETF(証券コード:1659)の概要は、次の通りです。

項目 内容 感想コメント
証券コード 1659 -
上場市場 東京証券取引所 -
信託期間 無期限(設定日:2017年9月27日) -
決算日 年4回(決算日:2・5・8・11月) 分配金狙いの投資もOK
売買単位 1口 -
最低購入単価 1口 1,733円(2018/2/22時点) 1口あたりの金額が小さくて手軽。
信託報酬 年0.2%(税抜) 十分に低コストです。
信託財産留保額 不明 -
純資産総額 7億円(2018年2月時点) 今のところかなり少ないです。


●組み入れ銘柄構成


iシェアーズ米国リートETFのポートフォリオ

iシェアーズ米国リートETFの感想

iシェアーズ米国リートETFは、FTSE NAREIT Equity REITs インデックス(TTM 円建て)に連動する運用成績を目指すインデックス型の国内ETFです。

このETFを保有することで、米国のリート市場に広く分散投資する事ができるようになります。特に、国内の証券取引所で売買できますので、海外ETFを利用する煩わしさが無く、とても良いですね。

なお、ベンチマークのFTSE NAREIT Equity REITs インデックス は、米国に上場するREIT銘柄を時価総額の比率で構成した米国REIT指数となります。本銘柄1本で、米国のREIT銘柄に広く分散投資できるのは、お手軽で便利です。

本ETFは、主に海外ETFのiシェアーズ・コア米国リート ETFを経由して、運営されます。年間コストは、たったの0.2%と驚きの安さです。

iシェアーズ米国リートETFの仕組み


米国の不動産に投資できる海外ETFとしては、ダウ・ジョーンズ米国不動産指数に連動するIYRと呼ばれる海外ETFがあります。IYRのコスト0.44%より、遥かに安い国内ETFですので、利用しない手はないですね。




ただ、設立されたばかりですので、純資産総額が小さいです。とはいえ米国リートに投資できる格安コストの国内ETFですので、今後に期待したいですね。

iシェアーズ米国リートETFでの分配金(配当金)目的の投資

iシェアーズ米国リートETFは、年4回分配のETFです。投資対象が米国REITですし、分配金狙いの投資として最適だと思いますが、設立まもなく、まだ正確な分配金利回りが出ていません。分配金利回りを把握できしだい、更新したいと思います。

iシェアーズ 米国リート・不動産株ETFを購入できる証券会社はここ

東京証券取引所に上場しているETFですから、下記ネット証券会社をはじめ、国内証券会社すべてで取引が可能です。ただし、売買手数料を考えると、下記いずれかになります。

10万円未満手数料無料松井証券
手数料が安い証券会社SBI証券ライブスター証券マネックス証券楽天証券
           岡三オンライン証券GMOクリック証券
手数料が高い証券会社野村證券大和証券SMBC日興証券

信用取引手数料はコチラをご覧ください(順位が大きく異なります)



バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング