JPX日経400に連動するETF、ダイワ上場投信JPX日経400

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

ダイワ上場投信-JPX日経400の総合的な評価は?

ダイワ上場投信?JPX日経400ダイワ上場投信-JPX日経400は、「JPX日経インデックス400」に連動する運用成績を目指す、インデックス型のETFの一つです。

ノーロード(購入手数料無料)のインデックス型投資信託と比べると、信託報酬の低さは十分で、スイッチングを勧める事ができます。しかし、ETFどうしで運用コストや流動性等を比較すると、正直言って利用するまでもないかな、と思います。

信託報酬の水準は、JPX日経インデックス400をベンチマークに設定しているETFの中では高く、ちょっと残念。純資産総額や出来高を見た場合は、まったく魅力的には映らない状況です。

コストを最優先で考えるならば、カブドットコム証券でフリーETF(売買手数料が無料)として購入できる「MAXIS JPX日経インデックス400上場投信」を利用するべきですね。

(2014年12月7日公開)

ダイワ上場投信-JPX日経400(証券コード:1599)の基本的知識

ダイワ上場投信-JPX日経400(証券コード:1599)の概要は、次の通りです。

項目 内容 感想コメント
証券コード 1599 -
上場市場 東京証券取引所 -
信託期間 無期限(設定日:平成26年3月26日) -
決算日 年2回(決算日:毎年1・7月の各10日) 1回にして欲しい
売買単位 1口 -
最低購入単価 1口 13,220円(2014/12/5時点) -
信託報酬 年0.18%(税抜) 少々高め
信託財産留保額 なし -
純資産総額 270億円(2014年12月時点) 少なすぎます


●組み入れ銘柄構成

ダイワ上場投信?JPX日経400(証券コード:1599)の組み入れ銘柄

競合する国内ETFとの比較・検討

ETFは一般の投資信託に比べて低コストですが、競合するETFどうしでも比較する事が重要です。ダイワ上場投信-JPX日経400の信託報酬や純資産総額、出来高を、他のETFと比較してみると、実は非常に中途半端な状況だと認識できます

純粋に長期投資として利用するならば、信託報酬が最も低い「MAXIS JPX日経インデックス400上場投信」を採用すべきですね。加えて、カブドットコム証券ではフリーETFに指定されているために、手数料無料で購入可能です

もしも短期売買であるEデイトレード・スイングトレードや暴落を狙った株式投資としてに利用するならば、流動性の方が重要になります。その場合は「NEXT FUNDS JPX日経インデックス400 連動型上場投信《愛称》JPX日経400ETF」がベストな選択になります。

ETFの名称&証券コード 信託報酬 純資産総額 出来高
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593) 0.078% 549億円

2,230

上場インデックスファンドJPX日経インデックス400(1592) 0.1% 243億円

28,094

iシェアーズJPX日経400ETF(1364) 0.17% - -
ダイワ上場投信-JPX日経400(1599) 0.18% 270億円

3,697

NEXT FUNDS JPX日経インデックス400連動型上場投信(1591) 0.12% 1525億円

116,191


競合するインデックスファンド(非上場の投資信託)との比較

JPX日経インデックス400をベンチマークとする、最も低コストな投資信託である「SMT JPX日経インデックス400・オープン」と比較してみても、ETFである「ダイワ上場投信-JPX日経400」の超低コストな信託報酬が、魅力的に映ります。

100万円以上の資金をリレー投資するなら、考えるまでも無くメリット大です。仮に10万円の少額投資だとしてもETFの「信託報酬+売買手数料」とノーロード投資信託の信託報酬が同等になるために、利用する価値は十分にあると言えますね。

ETFの名称orインデックスファンドの名称? 信託報酬? コスト(円) 純資産総額
10万円 100万円
ダイワ上場投信-JPX日経400(1599) 0.18% 180 1800 270億円
SMT JPX日経インデックス400・オープン 0.37% 370 3700 23億円
野村インデックスファンド・JPX日経400(Funds-i JPX日経400) 0.40% 400 4000 16億円
eMAXIS JPX日経400インデックス 0.40% 400 4000 34億円

購入できる証券会社はここ

東京証券取引所に上場しているETFですから、下記ネット証券会社をはじめ、国内証券会社すべてで取引が可能です。

10万円未満手数料無料松井証券
手数料が安い証券会社SBI証券ライブスター証券マネックス証券楽天証券
           岡三オンライン証券GMOクリック証券
手数料が高い証券会社野村證券大和証券SMBC日興証券

信用取引手数料はコチラをご覧ください(順位が大きく異なります)


バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング