分散投資の観点からはお勧めできない、サムスンKODEXサムスングループ株証券上場指数投資信託[株式]

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

サムスンKODEXサムスングループ株証券上場指数投資信託[株式]の総合的な評価は?

サムスンKODEXサムスングループ株証券上場指数投資信託[株式]サムスンKODEXサムスングループ株証券上場指数投資信託[株式]は、「FnGuideサムスングループ指数」に連動した運用成績を目指すETFです。運用会社は、サムスン資産運用株式会社です。

本銘柄の特徴は、サムスングループのみに投資が可能となる、テーマ型ETFであるという点でしょう。

ですが特定の企業グループの成長に期待するのは、非常にリスキーかなと感じます。サムスンの企業群と言っても、グローバルな視点で見ると、単なる1企業にすぎませんから、分散投資をしているとは言い難いです。

サムスンKODEXサムスングループ株証券上場指数投資信託より、韓国市場の上位200銘柄で構成されるサムスンKODEX200証券上場指数投資信託の方が、パフォーマンスが良好だったりもします。

加えて言うと、流動性である出来高がほとんどありません。これでは短期トレード(スイングトレード・デイトレ)は当然として、長期分散投資に利用する銘柄としても非常に厳しいと感じます。ご利用をお勧めしない銘柄ですね。

(2015年1月18日公開)

サムスンKODEXサムスングループ株証券上場指数投資信託[株式](証券コード:1584)の基本的知識

サムスンKODEXサムスングループ株証券上場指数投資信託[株式](証券コード:1584)の概要は、次の通りです。

項目 内容 感想コメント
証券コード 1584 -
上場市場 東京証券取引所 外国籍のETFであるため、外国証券取引口座の開設が必要
信託期間 無期限(設定日:2008年5月20日) -
決算日 年5回(決算日:毎年1、4、7、10月と、会計期間終了時) -
売買単位 10口 -
最低購入単価 10口 6,100円(2015/1/13時点) -
信託報酬 年0.4%(税抜) -
信託財産留保額 不明 -
純資産総額 898億円(2015年1月時点) 韓国市場での数字が大半


●組み入れ銘柄構成

サムスンKODEXサムスングループ株証券上場指数投資信託[株式]の組み入れ上位10銘柄

サムスンKODEXサムスングループ株証券上場指数投資信託[株式]、管理人の感想は?

このETFを用いれば、まさにサムスングループの中核企業に幅広く分散投資できるようです。組み入れ銘柄を見るとサムスン電子、サムスン生命、サムスン火災、サムスン重工業、サムスン証券・・・と韓国で最も有名なサムスングループだけあり幅広い企業群を揃えています。凄いですね。

●サムスンKODEXサムスングループ株証券上場指数投資信託[株式]の紹介動画




ただし長期分散投資の観点からは、特定のグループに集中投資するのは、かなりキワドイ戦略かなと感じます。時代の移り変わりが激しい時代に大きな企業であろうと、経営政略を一つ間違えると多大なダメージを受けますからね。

実際に韓国の上位200銘柄に投資可能なサムスンKODEX200証券上場指数の過去5年のパフォーマンスを比較してみましょう。

サムスンKODEXサムスングループ株証券上場指数投資信託[株式]と、サムスンKODEX証券上場指数との運用成績比較
(黄色い線が本ETF、緑の線がサムスンKODEX200証券上場指数)


上記の結果を見てみると、韓国の幅広い企業群に分散投資が出来る、サムスンKODEX200証券上場指数投の方が良いような気がします。分散投資の観点からも、それが正しいです。

韓国の市場の成長性よりも、今後も長期間サムスングループが成長すると感じる、あるいはサムスングループが大好きだというようなマニアであれば、投資しても良いかもしれません。

サムスンKODEXサムスングループ株証券上場指数投資信託[株式]の分配金について

本ETFの分配金利回りは、0.78%(2014年11月28日時点)です。分配回数は年間に5回の方針ですから非常に魅力的に感じるかもしれませんが、利回りの水準が低すぎます。

基本的に株式銘柄の場合は、高配当銘柄に分散投資しているETFを「株価暴落時」に仕込まないと、満足できる水準の利回りにならないものです。本銘柄も、分配金狙いの投資としては役不足という事ですね。

サムスンKODEXサムスングループ株証券上場指数投資信託[株式]を購入できる証券会社

東京証券取引所に上場しているETFですから、下記ネット証券会社をはじめ、国内証券会社すべてで取引が可能です。

手数料が安い証券会社SBI証券ライブスター証券マネックス証券楽天証券
           岡三オンライン証券GMOクリック証券カブドットコム証券松井証券
手数料が高い証券会社野村證券大和証券SMBC日興証券

信用取引手数料はコチラをご覧ください(順位が大きく異なります)




バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング