流動性が悪すぎて怖くて買えない、ChinaAMC CSI300 Index ETF-JDR

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

ChinaAMC CSI300 Index ETF-JDRを、総合的に口コミで表現する

ChinaAMC CSI300 Index ETF-JDRは、「円換算したCSI300指数」に連動した運用成績を目指すETFです。運用会社は、チャイナ・アセット・マネジメント(香港)・リミテッド株式会社です。

ChinaAMC CSI300 Index ETF-JDR


ChinaAMC CSI300 Index ETF-JDRを利用すれば、外国人投資家が通常取引できない、中国の本土銘柄(A株)に分散投資する事が出来ます。時価総額の大きい300銘柄で構成されているので、日経平均株価のようなイメージでしょうか。

気になるのは当ETFの出来高の少なさです。少なすぎて、正直、投資する事をお勧めできません。競合ETFである上場インデックスファンド中国A株(パンダ)CSI300(1322)を利用するか、直接海外ETFを買い付けるべきです。

どちらにしろサテライト的に利用する銘柄になりますから、利用しないという戦略もありですね。当ETFのような銘柄を利用せずに、新興国全体に分散投資可能な(もちろん中国も組み入れられています)、iシェアーズ エマージング株ETF (MSCIエマージングIMI)(1582)や、上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング) (1681) を活用するのでも良いかと思います。

また、中国A株にこだわらなくても、トラッカーファンドオブ香港(香港市場、コード02800)にすれば、コストが超絶に安くなりますので、そちらも検討すればよいかと考えます。

(2015年1月27日公開)

ChinaAMC CSI300 Index ETF-JDR(証券コード:1575)の基本的知識

ChinaAMC CSI300 Index ETF-JDR(証券コード:1575)の概要は、次の通りです。

項目 内容 感想コメント
証券コード 1575 -
上場市場 東京証券取引所 -
信託期間 無期限(設定日:2013年2月27日) -
決算日 年1回(決算日:毎年7月) -
売買単位 10口 -
最低購入単価 10口 6,500円(2015/1/21時点) -
信託報酬 年0.85%(税抜) 高いです
信託財産留保額 不明 -
純資産総額 14億円(2015年1月時点) 少ないです


●組み入れ銘柄構成

ChinaAMC CSI300 Index ETF-JDRの、2015年1月20日現在の保有上位10銘柄

ChinaAMC CSI300 Index ETF-JDR、管理人の感想は?

ChinaAMC CSI300 Index ETF-JDRは、JDR型のETFですから、国内証券取引所で、「ChinaAMC CSI 300 Index ETF」を取引しているようなものになります。

投資対象は、中国本土株で時価総額の大きい300銘柄です。ベンチマーク自体は中国の代表的な指数です。A株と言って、通常では売買できない閉ざされた市場なのですが、本銘柄を利用すると投資可能です。

ベンチマークとの乖離を確認したいのですが、円換算のベンチマークデータが見当たらなかったので、投資先であるChinaAMC CSI300 Index ETFの連動性をチェックしてみましょう。

ChinaAMC CSI300 Index ETF-JDRと上場パンダとの基準価額比較
黄色線は当ETFが投資している海外ETF、緑線はCSI300指数)


連動性は、非常に良いようですね。日本円換算時の連動性は定かではありませんが、上場インデックスファンド中国A株(パンダ)CSI300(1322)よりは、良いのではないかと思われます。

CSI300をベンチマークとする別のETFは?

中国のA株市場の代表的な株価指数である、CSI300指数に連動する国内ETFは、当ETF以外にもう1銘柄存在します。コストだけを比較すると、当ETFの優位性が非常に高いのですが、いかんせん出来高が非常に少なく、希望する価格で取引が成立しない可能性が逆に怖いですね。特に、相場暴落時に売り逃げられないリスクは恐ろしい

では競合ETFである上場インデックスファンド中国A株(パンダ)CSI300(1322)の方が良いかと言うと、長期分散投資をする上で非常に重要な、ベンチマークとの乖離状況がとても悪いです。2つの銘柄を比較すると、ベンチマークが異なるのか?と思える程です。

上場インデックスファンド中国A株(パンダ)CSI300とChinaAMC CSI 300 Index ETF-JDRの基準価額を比較
青線:上場インデックスファンド中国A株(パンダ) 赤線:当ETF)


正直なところ、取引が自由に成立できないリスクの方が恐ろしいので、ベンチマークとの乖離が我慢できるのであれば、競合ETFを利用する方が良いかと思います。

ETFの名称&証券コード 信託報酬 純資産総額 出来高
上場インデックスファンド中国A株(パンダ)CSI300 0.95% 60億円 3,770
ChinaAMC CSI 300 Index ETF-JDR(1575) 0.85% 14億円 30

ChinaAMC CSI300 Index ETF-JDRの分配金利回り

ChinaAMC CSI 300 Index ETF-JDRは年に1回の分配で、2014年12月30日時点の分配金利回りは0.61%(税抜き)です。分配金利回りが低いですから、インカムゲインの期待は出来ません。

加えて当ETFは、JDR式ですから、現地での課税が大きめになる事も懸念事項として考慮しておいた方が良いでしょう。

⇒参考コラム記事:なぜか国内ETFと海外ETFの分配金利回りが違う事態に遭遇し、困惑!!

ChinaAMC CSI300 Index ETF-JDRを購入できる証券会社

東京証券取引所に上場しているETFですから、下記ネット証券会社をはじめ、国内証券会社すべてで取引が可能です。

手数料が安い証券会社SBI証券ライブスター証券マネックス証券楽天証券
           岡三オンライン証券GMOクリック証券カブドットコム証券松井証券
手数料が高い証券会社野村證券大和証券SMBC日興証券

信用取引手数料はコチラをご覧ください(順位が大きく異なります)




バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング