JPX日経中小型株指数をベンチマークとするONE ETF JPX日経中小型

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

ONE ETF JPX日経中小型・・・中小型株に投資できる貴重なETFの1つ

ONE ETF JPX日経中小型は、「JPX日経中小型株指数」に連動する運用成績を目指すインデックス運用型のETFです。運用会社は、アセットマネジメントOne株式会社です。 日本の中小株に特化して分散投資ができる貴重な1本です。

ONE ETF JPX日経中小型


過去のパフォーマンスは、TOPIXよりも良くサテライト的な扱いで採用を検討するべきです。純資産総額と出来高が小さい事が気になりますが、少額をコツコツと投資するスタンスで利用するのなら、そこまで気にならないと思います。

ただし競合ETFのMAXIS JPX日経中小型株指数上場投信は、フリーETFとして売買手数料が無料で買付可能です。合わせて検討をおススメします。

なお分配金は年2回です。基本は、キャピタルゲインを狙う投資で活用して下さい。出来高が少ないので、デイトレ・スイングトレードのような短期トレードには、不向きです。

(2017年5月31日追加)

 

ONE ETF JPX日経中小型(証券コード:1493)の基本的知識

ONE ETF JPX日経中小型(証券コード:1493)の概要は、次の通りです。

項目 内容 感想コメント
証券コード 1493 -
上場市場 東京証券取引所 -
信託期間 無期限(設定日:2017年5月22日) -
決算日 年2回(決算日:1・7月の8日) 1回にして欲しい
売買単位 1口 -
最低購入単価 1口 12,800円(2017/5/26時点) -
信託報酬 年0.5%(税抜) 微妙なコスト
信託財産留保額 なし -
純資産総額 48億円(2017年5月時点) 少ないです


●組み入れ銘柄構成

設立間もない為、データがありません。今後開示されたら、掲載いたします。

ONE ETF JPX日経中小型に関する考察

ONE ETF JPX日経中小型の投資対象は、東証1部、東証2部、マザーズ、JASDAQに上場する中小型株式です。一般的に大型株よりも、中小型株式のパフォーマンスが良いため、ポートフォリオの底上が期待できます。

企業規模は下位80%の時価総額水準、業績面は過去3年で営業利益や最終利益が黒字、財務面では財務超過に陥っていない事などのスクリーニング条件から、500銘柄程度の抽出し、過去3年のROEや、累積営業利益の高い200銘柄を選定しています。

JPX日経中小型株指数の銘柄スクリーニング


ベンチマークとして有名な日経平均株価指数に比べて、構成銘柄の馴染みが少なく、高パフォーマンスを期待できます。上位5銘柄を見てみると、東精密、アンリツ、岡三証券グループ、不二越、ナカニシと言った企業群が並びます。

JPX日経中小型株指数の組み入れ銘柄の上位


パフォーマンスに関しても、素晴らしいの一言です。日本市場全体を表すTOPIXや、JPX日経インデックス400と過去10年の推移を比べたチャートをご覧ください。下落相場では、大型株よりも暴落幅が大きくなりますが、上昇相場では素晴らしいパフォーマンスが期待できますね。

JPX日経中小型株指数と、TOPIX、JPX日経インデックス400との値動きの比較

競合する国内ETFや、非上場の投資信託との比較・検討

現時点でJPX日経中小型株指数に連動するETFは、下記2銘柄です。信託報酬は同水準。設立間もないONE ETF JPX日経中小型のほうが、純資産総額が大きいです。

ただし、カブドットコム証券のフリーETFである競合のMAXIS JPX日経中小型株指数上場投信であれば、売買手数料無料で買付が可能です。出来高も本ETFよりも大きいです。

サテライト的な扱いになると思いますので、売買手数料がお得なMAXIS JPX日経中小型株指数上場投信を利用するほうが良さそうです。


ETFの名称&証券コード 信託報酬 純資産総額 出来高
ONE ETF JPX日経中小型(1493) 0.5% 48億円 146
MAXIS JPX日経中小型株指数上場投信(1492) 0.5% 9億円 208


ところで、同指数に連動する投資信託としては、ETFではなくて一般の投資信託の、eMAXIS JPX日経中小型インデックスを利用するという手もあります。ETFよりもコストが低く、信託報酬0.4%で利用できます。長期分散投資で利用する際は、そちらのほうがおすすめです

購入できる証券会社はここ

東京証券取引所に上場しているETFですから、下記ネット証券会社をはじめ、国内証券会社すべてで取引が可能です。

10万円未満手数料無料松井証券
手数料が安い証券会社SBI証券ライブスター証券マネックス証券楽天証券
           岡三オンライン証券GMOクリック証券カブドットコム証券
手数料が高い証券会社野村證券大和証券SMBC日興証券

信用取引手数料はコチラをご覧ください(順位が大きく異なります)




バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング