ETF内で分散が効いておらず、思った以上にリスクの高い、UBS ETF スイス株(MSCIスイス20/35)

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

UBS ETF スイス株(MSCIスイス20/35)の総合的な評価は?

UBS ETF スイス株(MSCIスイス20/35)は、「MSCIスイス20/35インデックス」に連動するインデックス運用ETFです。運用会社は、UBSファンド・マネジメント(ルクセンブルク)エス・エイです。

UBS ETF スイス株(MSCIスイス20/35)


スイスの大型・中型株に投資する事が出来ます。ただし銘柄構成を見て頂くと理解頂けると思いますが、特定の銘柄が全体に占める割合が非常に大きく、全く分散できておらず、3銘柄で過半数を占めてしまって、ETFの持ち味を活かしていません

と言っても、年率コスト0.2%でスイスに投資できるのは魅力的に映る方もいらっしゃるでしょう。特定の国への集中投資は、大きなリスクを取っている事を認識した上で利用なさるのであれば、問題ないと思います。

長期投資の視点で考えると、サテライト的な利用がベストですね。というかそもそもスイスにそこまでこだわる必要が無いので、特に利用する必要はないでしょう。かなりマニアックなETFと言えます。

(2015年7月18日公開)

UBS ETF スイス株(MSCIスイス20/35)(証券コード:1391)の基本的知識

UBS ETF スイス株(MSCIスイス20/35)(証券コード:1391)の概要は、次の通りです。

項目 内容 感想コメント
証券コード 1391 -
上場市場 東京証券取引所 -
信託期間 無期限(設定日:2015年3月18日) -
決算日 年2回(決算日:毎年1・7月) -
売買単位 1口 -
最低購入単価 1口 2,301円(2015/5/28時点) -
信託報酬 年0.2%(税抜) 安い
信託財産留保額 不明 -
純資産総額 51億円(2015年5月時点) 信託財産である外国ETFの純資産総額


●組み入れ銘柄構成

UBS ETF スイス株(MSCIスイス20/35)の組み入れ上位5銘柄


上記を見ると分かる通り、最も比率が大きい銘柄の最大保有率の上限を35%に制限しており、その他の銘柄は最大で20%までの保有率です。正直、1銘柄が占める割合が非常に大きいと感じます。

実際の組み入れ銘柄を見てみると、上位3銘柄で全体の約55%を占めており、固有企業のパフォーマンスが色濃く出てしまう事が心配になります。

UBS ETF スイス株(MSCIスイス20/35)、管理人の評価は?

当ファンドのベンチマークである「MSCIスイス20/35インデックス」は、スイス株式市場の大型・中型株で構成されています。

スイスの位置


スイスは、ヨーロッパの永世中立国として、世界的に有名ですね。守秘義務を守るスイス銀行が、最も世界に名を伝えているのではないでしょうか。

近年では、スイスフランショックが金融業界に大きな騒動を引き起こした問題で、有名です。これはスイス銀行が無制限に為替に介入する方針を2015年1月15日に突如撤廃した為に、ユーロスイス相場は一時、41%の急落が発生しました。

参考に、当ベンチマークであるMSCIスイス20/35インデックスを見てみると、これも恐ろしいくらいの凄い影響を受けたようです。

MSCIスイス20/35インデックスの値動きの推移(スイスフランショックに注目)


もともと単独企業の影響が色濃くでる上に、特定国への集中投資は、このようなリスクを全て引き受ける事になります。相場の判断する自信が無いのであれば、最初から利用しないか、もしくはサテライト的に少額の投資に留めておいた方が無難です。

UBS ETF スイス株(MSCIスイス20/35)を購入できる証券会社

東京証券取引所に上場しているETFですから、下記ネット証券会社をはじめ、国内証券会社すべてで取引が可能です。

手数料が安い証券会社SBI証券ライブスター証券マネックス証券楽天証券
           岡三オンライン証券GMOクリック証券カブドットコム証券松井証券
手数料が高い証券会社野村證券大和証券SMBC日興証券

信用取引手数料はコチラをご覧ください(順位が大きく異なります)


バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング