ヨーロッパ全体に分散投資できるETF、UBS ETF 欧州株(MSCI ヨーロッパ)

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

UBS ETF 欧州株(MSCI ヨーロッパ)の総合的な評価は?

UBS ETF 欧州株(MSCI ヨーロッパ)は、「MSCIヨーロッパ・インデックス(ネットリターン)」に連動するインデックス運用型のETFです。運用会社は、UBSファンド・マネジメント(ルクセンブルク)エス・エイです。

UBS ETF 欧州株(MSCI ヨーロッパ)


欧州の先進国15か国の大型・中型株式に広く分散投資をする事が出来ます。信託報酬も年率0.2%と非常に低コストです。(UBS ETF ユーロ圏大型株50(ユーロ・ストックス50)よりも若干コストが高いのです)

なお海外ETFに、ベンチマークが異なりますが、欧州に投資可能な銘柄が複数存在します。iシェアーズ ヨーロッパETF(IEV)や、コストが非常に安いバンガード・FTSE・ヨーロッパETF(VGK)等です。欧州に投資を集中させたい場合は、海外ETFの銘柄もあわせて検討なさると良いでしょう。

ただし長期分散投資の観点からは、先進国に広く分散投資をした上で、上記銘柄をサテライト的に活用するべきです。MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)やMAXISトピックス上場投信(1348)を利用して、先進国全体に分散投資すべきでしょう。

(2015年7月8日公開)

UBS ETF 欧州株(MSCI ヨーロッパ)(証券コード:1386)の基本的知識

UBS ETF 欧州株(MSCI ヨーロッパ)(証券コード:1386)の概要は、次の通りです。

項目 内容 感想コメント
証券コード 1386 -
上場市場 東京証券取引所 -
信託期間 無期限(設定日:2015年3月18日) -
決算日 年2回(決算日:毎年1・7月) -
売買単位 1口 -
最低購入単価 1口 9,420円(2015/5/28時点) -
信託報酬 年0.2%(税抜) 安いです
信託財産留保額 不明 -
純資産総額 157億円(2015年5月時点) 信託財産である外国ETFの純資産総額


●組み入れ銘柄構成

UBS ETF 欧州株(MSCI ヨーロッパ)の上位組み入れ5銘柄

UBS ETF 欧州株(MSCI ヨーロッパ)、管理人の評価は?

当ファンドが連動を目指す「MSCIヨーロッパ・インデックス」は、欧州の先進国15か国の大型・中型株式銘柄で構成されています。欧州に特化して、幅広く分散投資が可能になる注目の銘柄です。

投資対象地域は、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、UKの15か国です。

MSCIヨーロッパ・インデックスの過去4年程の値動きを見ると、上昇トレンドを維持しており良好な状況です。

MSCIヨーロッパ・インデックスの過去4年の値動きの推移


ヨーロッパに投資できる国内ETFとしては、当銘柄以外にもUBS ETF ユーロ圏大型株50(ユーロ・ストックス50)(1385)があります。ベンチマーク同士を比較してみると、より広い欧州地域に分散しているMSCIヨーロッパ・インデックス(つまり本ETF)の方が、良いパフォーマンスですね。

MXEU:IND MSCI Europe IndexとSX5E:IND ユーロ・ストックス50指数の値動きの推移
黄色:MSCI Europe Index  緑色:ユーロ・ストックス50指数)


欧州に特化して投資する時点で、集中投資ということですから、個人の好みに合わせてお好きな銘柄をサテライト的に利用すれば良いでしょう。

UBS ETF 欧州株(MSCI ヨーロッパ)を購入できる証券会社

東京証券取引所に上場しているETFですから、下記ネット証券会社をはじめ、国内証券会社すべてで取引が可能です。

手数料が安い証券会社SBI証券ライブスター証券マネックス証券楽天証券
           岡三オンライン証券GMOクリック証券カブドットコム証券松井証券
手数料が高い証券会社野村證券大和証券SMBC日興証券

信用取引手数料はコチラをご覧ください(順位が大きく異なります)


バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング