相場の低迷時に仕込んでおいても良い、上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株

・ぜひETFの森を、シェアしていただけますと嬉しいです。

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株の評価は?

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株はTOPIX Smallに連動を目指すインデックス運用型のETFです。運用会社は、日興アセットマネジメント株式会社です。

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株


東証1部上場銘柄である、TOPIXの小型株全体に投資可能なETFです。確かに過去5年程の運用成績を見てみると、TOPIXを上回る成績を叩き出しています。ですが、JSDAQのような新興企業が多く組み込まれた指数に比べると、物足りないですね。サテライト銘柄としては役不足と感じるという事です。

加えてベンチマークとの乖離が大きい(9%近い乖離があった月もある)ETFですので、長期投資に利用するのにもためらいを感じます。やはり国内株式でサテライト的に用いるのであれば、本ETFよりもJASDAQ - TOP20 上場投信マザーズ・コア 上場投信あたりの銘柄の方がお勧めです。

(2015年1月14日公開)

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株(証券コード:1318)の基本的知識

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株(証券コード:1318)の概要は、次の通りです。

項目 内容 感想コメント
証券コード 1318 -
上場市場 東京証券取引所 -
信託期間 無期限(設定日:2008年3月21日) -
決算日 年1回 (決算日:毎年7月8日) -
売買単位 10口 -
最低購入単価 10口 16,000円(2015/1/7時点) -
信託報酬 年0.5%(税抜) ETFにしては高い
信託財産留保額 なし -
純資産総額 5億円(2015年1月時点) 少ないです


●組み入れ銘柄構成

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株の上位組み入れ10銘柄

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株についての感想

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株のベンチマークである、「TOPIX Small」について、まずは理解を深めましょう。TOPIX SmallとはTOPIX(東証第一部上場株)対象銘柄から、時価総額、流動性の高い500銘柄(TOPIX500)を除いた、全銘柄を指数化したものです。大中型の株を除いた集団ですから、小型株と呼ばれる訳ですね。

この銘柄の特性は、過去のチャートを見ると良く分かります。まずは過去2年間のチャートを見てみましょう。相場全体が大きく上昇するような時期には多額の資金が大型株に集まるために、TOPIX(大型株を含むため)の運用成績が良くなる傾向のようです。

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株とTOPIXの比較(過去2年間)
(青線が、上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株です)


逆に過去5年間まで遡ってみると、面白い傾向が見て取れます。TOPIX全体が停滞しているような時期には、TOPIXの小型株の運用成績が良くなるのですね。長期間で見てみると、TOPIXの運用成績を上回っています。

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株とTOPIXの比較(過去5年間)
(青線が、上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株です)


参考までに、一部上場銘柄の中のの小型株(上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株)ではなくて、JASDAQのような市場(本当の小型株と言ってよいかな)の株価の方が、良い成績を残せています。 面白いですよね。

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株とジャスダックの運用成果の推移
(青線が、上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株です)

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株と分配金(配当金)目的の投資

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株の2015年1月時点の分配金利回りは1.06%です。現状の水準だと、分配金狙いの銘柄としては満足が出来ない水準です。(仮に相場全体が暴落したとしても、他の銘柄を選んだ方が良いです)

キャピタルゲインが主な収益源になるETFだと思って頂いた方が、よろしいかと思います。

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株の分配金利回りの推移

上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株を購入できる証券会社

東京証券取引所に上場しているETFですから、下記ネット証券会社をはじめ、国内証券会社すべてで取引が可能です。ただし、売買手数料を考えると、下記いずれかになります。

10万円未満手数料無料松井証券
手数料が安い証券会社SBI証券ライブスター証券マネックス証券楽天証券
           岡三オンライン証券GMOクリック証券カブドットコム証券
手数料が高い証券会社野村證券大和証券SMBC日興証券

信用取引手数料はコチラをご覧ください(順位が大きく異なります)


バナー


★姉妹サイト
ノーロード投資信託ガイドもよろしく。AllAbout掲載サイトです。

ETFの基礎知識

ETFを使った運用手法

ETFを購入できる証券口座



国内ETF一覧&ランキング